公務員の節約

【実家暮らし必見!】固定費の節約方法|ぼくの節約術も公開!

実家暮らしでもできる固定費の節約方法

 

  • 実家暮らしなのにお金が貯まらない
  • 給料日前は財布が寂しい
  • 固定費の節約方法を知りたい

 

一人暮らしにくらべると、実家暮らしは支出項目が少ない分お金が貯まりやすい傾向にあります。

 

それにもかかわらずお金が貯まらないのは、余計な出費が多いから。

 

特に、毎月決まった額を支払わなければならない固定費の出費が多いと、なかなかお金が貯まりにくいのです。

 

つまり、節約の鍵は固定費にあるということ。

 

そこで当記事では、実家暮らしのぼくが実践している固定費の節約方法をお伝えします。

この記事がおすすめな人
  • 実家暮らしなのになかなかお金が貯まらない人
  • 実家暮らしでもできる固定費の節約方法を知りたい人

 

上記に当てはまる方はぜひチェックしてみてください!

 

実家暮らしでもできる固定費の節約方法

実家暮らしでもできる固定費の節約方法

 

今回ご紹介する固定費の節約は次の3つ。

  • スマホ代
  • 保険代
  • 月額・年会費が発生するサービス

 

これらを見直すだけで、固定費は大幅に削減できます。

 

一つずつ見ていきましょう。

 

スマホ代

毎月どれくらいスマホ代がかかっていますか?

 

ドコモ、ソフトバンク、auのスマホを使用している方は、毎月8,000円前後、多い月では10,000円以上もスマホ代として支払っていると思います。

 

スマホ大手3社は競うように料金の値下げやお得なプランの提示を行っていますが、スマホ代を節約するには限界がありますよね。

 

そこでおすすめなのが格安スマホ。

 

格安スマホに乗り換えるだけで、7割~8割のスマホ代を節約できるのです。

格安スマホ:大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線を借りて通信するため、アンテナや基地局など通信設備費がかからないので、料金を安く抑えることができる

 

ぼくはLINEモバイルを契約していますが、毎月のスマホ代を2,000円以下にまで抑えられています。

節約のカギは固定費の削減

 

ぼくはドコモと契約していたのですが、毎月のスマホ代は平均9,000円とかなり高額でした。

 

ところが格安スマホに乗り換えたおかげで、1ヶ月あたり7,000円以上もスマホ代の節約に成功したんです。

年間に換算すると84,000円の節約

 

ただ、格安スマホは複雑で分からない、どこの会社を選べばいいか分からないという方が多いと思います。

 

そんなあなたのために、格安スマホのメリット・デメリットを詳しくまとめたので、参考にされてください。

格安スマホのメリット・デメリットまとめ
【スマホ代が80%減?!】格安スマホのメリット・デメリットまとめ話題の格安スマホのメリット・デメリットについて、ぼくの利用経験をもとにお伝えします。節約したい人、固定費を削減したい人必見です!...

 

保険代

現在何の保険に加入しているか把握していますか?

  • 親の代から加入し続けてきた保険
  • 保険会社に勤めている友人に進められてなんとなく加入した保険

 

ぼくもそうでしたが、自分が何の保険に加入しているのか、その保険は今の自分に必要な保険なのか分かりませんでした。

 

というより、知ろうとしなかったんです。

ロコ
ロコ
親の勧めで加入した保険にずっと加入し続けていたんだ…

 

保険は、今のあなたにとって必要なものだけ加入するもの。

 

『不安だから』という理由で、あれもこれもといろんな保険に入る必要はありません。

 

保険に入ったからといって、例えばガンになる確率が下がるわけではありませんよね。

保険料を支払う前に大切なことは、十分な貯金を蓄えておくことと社会保障制度を知ること

 

もし大ケガをしてしまい、貯金だけでは払えない医療費がかかったとしても、高額療養費制度を活用できます。

高額療養費制度とは

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度

引用元:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆さまへ

 

保険料の支払いのせいでお金が貯まらない状況は絶対ダメ。

 

自分が加入している保険を把握するところから始め、保険を見直すことが節約への一歩なのです。

 

月額・年会費が発生するサービス

あなたはいくつ月額や年会費が発生するサービスに登録していますか?

 

登録しているすべてのサービスを利用していますか?

  • たまにしか見ない動画配信サービス
  • ほとんど通っていないスポーツジム
  • キャンペーンで作ったクレジットカード

 

たまにしか利用していないなら、思い切って解約しましょう。

 

もちろん、あなたにとって必要な月額サービスやサブスクリプションサービスは継続すべきです。

ロコ
ロコ
ぼくのサブスクはこんな感じ!
サブスクなど会費
ジム月6,600円
Kindle Unlimited月980円
DAZN月1,925円
Apple Music年9,800円
アマゾンプライム年4,900円

 

ほとんど利用していないのに毎月もしくは毎年お金を払い続けるなんてもったいないですよね。

 

ただ、一度登録したサービスの解約手続きがめんどくさい気持ちは分かります。

『めんどくさいからまだいいや』と先延ばしにしてしまいがち

 

しかし、重い腰を上げて不要なサブスクを見直すことが、固定費の節約には欠かせないのです。

 

実家暮らしのぼくが行っている固定費の節約術

実家暮らしのぼくが行っている節約術

 

ぼくは2019年4月からフリーランスになり、実家暮らしをしています。

 

フリーランスなのでサラリーマンのように毎月決まった収入がありません。

 

収入がない分、公務員時代より明らかにお金に対してシビアになり、1円単位で支出を抑える努力をしていますよ。

 

そんなぼくが行った固定費の節約は次の3つ。

  • LINEモバイルへ切替え
  • ライフネット生命へ切替え
  • クレカは楽天カードメイン

 

先ほど少し書きましたが、ぼくはドコモからLINEモバイルに乗り換えたおかげで、毎月約7,000円の節約に成功しています。

 

保険は、親の代から加入している保険と友情加入した個人年金保険を解約し、ネットで手続きが完了しプランがシンプルなライフネット生命に切り替えました。

 

また、年会費が発生するクレジットカードは持っていません。

 

年会費無料でポイントが貯まりやすい楽天カードを愛用しています。

楽天ETCカードも持っていますが、年会費請求月のタイミングで会員ランクが『プラチナ会員』以上であれば年会費が1年間無料になります。

 

フリーランスになったタイミングで、すべての固定費を洗い出しました。

 

本当に必要なものだけを残し、不要なものはすべて解約。

 

実家暮らしだからこそ、余計な出費を抑えて賢く節約したいですね。

 

ちなみに、ぼくがLINEモバイルを選んだ理由は次の記事にまとめています。

LINEモバイルを1年2ヶ月使い続けたマジの感想
LINEモバイルを1年2ヶ月使い続けたマジの感想 LINE モバイルの手続き終わったー!! 30分もかからずできた。 あとはSIMカードが届くのを待つのみ!! 固定費削...

 

固定費の節約と一緒に節税もできたらパーフェクト

支出を抑えて自由に使えるお金を増やすには、固定費の節約と一緒に節税も行いたいところ。

 

実家暮らしとはいえ税金は発生しますから、賢く節税して支出を減らしたいですね。

 

節税効果があるのは、ふるさと納税や積立NISA、iDeCoなどが挙げられます。

ロコ
ロコ
どれから始めればいいんだ…

 

そもそも節税についてよく分からない、節税方法を詳しく知りたいというあなたにおすすめなのが、公務員のための節税ウェビナーです。

公務員のための節税ウェビナー

 

ウェビナーでは、税金の仕組みから公務員もできる節税方法まで、1級ファイナンシャルプランニング技能士が丁寧に解説してくれます。

利用者急増中のiDeCoやNISAも詳しく解説

 

節税ウェビナー最大のメリットは、節税することで手取りを増やす方法も学べること。

 

節税で支出を減らし、さらにお金も増やせるとなると、実家暮らしのアドバンテージを生かしつつ貯金を増やすことができそうですね。

 

ウェビナーは無料なので、気軽に参加してみてください。

\参加費無料/

・税金の基礎から節税方法まで詳しく学べるウェビナーです。
ウェビナー申し込みの際は、紹介者記入欄に『ロコ』と記載してください。

 

お金が貯まれば投資に回して収入を増やす!

お金が貯まれば投資に回して収入を増やす!

 

固定費を節約して支出を削減し、お金に余裕が生まれたら投資に回したいところ。

 

マイナス金利政策のおかげで、銀行にお金を預けていても貯金が増えることはありません。

 

であれば、投資をして収入を増やした方がいいですよね。

投資を行うお金は余裕資金のみ

 

必要最低限の貯金額を確保したうえで、それでもお金に余裕がある場合のみ投資を行い収入を増やすのです。

ロコ
ロコ
投資と言っても、株や投資信託、不動産投資などさまざまな種類があるけど…

 

投資初心者でも簡単に始められるのが、一度入金すればロボットがお金を運用してくれるWealth Navi(ウェルスナビ)です。

 

ぼくも公務員1年目の冬にウェルスナビを始め、現在も運用を続けていますよ。

 

ウェルスナビの特徴や運用実績は【ほったらかしでOK】公務員にウェルスナビをおすすめする5つの理由をご覧ください。

公務員にウェルスナビをおすすめする5つの理由
【ほったらかしOK】公務員にウェルスナビをおすすめする5つの理由ウェルスナビは忙しい公務員にぴったりな資産運用。一度入金すれば、あとは自動で運用してくれる優れものです。当記事では、ウェルスナビをおすすめする理由を5つお伝えします。...

 

まとめ

この記事では、実家暮らしでもできる固定費の節約方法|ぼくの節約術も公開!について書きました。

 

実家暮らしは一人暮らしにくらべると、毎月の支出項目が少ない分お金が貯まりやすい傾向にあります。

 

それにもかかわらずお金が貯まらないのは、余計な出費が多いから。

 

余計な出費を減らすためのポイントは、固定費を節約することです。

 

格安スマホへの乗り換え、保険の見直し、使っていない月額サービスや年会費が発生するクレジットカードの解約など、固定費を節約することで大幅に支出が減ります。

 

お金に余裕があれば、投資に回すことで収入を増やすこともできますね。

 

実家暮らしだからこそ、賢く固定費を節約して自由に使えるお金を増やしましょう。

 

公務員も簡単にできる3つの節税対策
【20代公務員必見】公務員も簡単にできる3つの節税対策公務員の副業は禁止されていますが、節税対策は合法です。当記事では、20代公務員におすすめな簡単にできる節税対策をご紹介します。賢く節約して自由に使えるお金を増やしましょう!...

 

\公務員向け節税ウェビナー開催!/

 

手取りが少ない!

薄給だ!

 

と感じている公務員のために、節税ウェビナーが開催されています。

公務員のための節税ウェビナー

 

ウェビナーでは、是非とも知っておきたいお金にまつわることをじっくり解説!

  • 公務員もできる節税方法
  • iDeCoやNISAの徹底解説
  • 公務員もOKな副収入の増やし方

 

ウェビナーは無料なので、気軽に参加してみてください!

 

・税金の基礎から節税方法まで詳しく学べるウェビナーです。
ウェビナー申し込みの際は、紹介者記入欄に『ロコ』と記載してください。