公務員の退職

今は転職する気がなくても『とりあえず』転職サイトに登録しておくべき理由

とりあえず転職サイトへ登録しておくことの重要性

 

  • なんとなく公務員の仕事に不満がある
  • 転職して収入が上がった友人の話を聞くと、羨ましく感じる
  • 転職してみたいけど、うまくいくかどうか不安

 

『公務員は終身雇用が当たり前』、『とりあえず3年働け』なんて言われますが…

 

現状に不満があるならば、今すぐ行動しないと手遅れになります。

 

不満を抱えながら日々悶々と仕事をし、『いつかは転職しよう』と思っていても気づけば30歳、40歳を迎えていた、なんてことになるかもしれません。

この記事がおすすめな人
  • 現状に不満がある人
  • 転職したいけど、一歩が踏み出せない人
  • まだ何とかなるだろうと思っている人

 

良い求人が他の人にとられてしまい、いざあなたが転職活動に本腰を入れたときにはもう手遅れ。

 

こんな事態を避けるため、今すぐ転職する気がなくてもとりあえず転職サイトに登録しておくことの重要性を、ぼく(@loco_14free)の経験をもとに書いていきたいと思います。

\20代の転職におすすめ/

 

今は転職する気がなくても『とりあえず』転職サイトに登録しておくべき理由

公務員を辞めたいと考えたらとりあえず転職サイトに登録しておくべき理由

 

理由は次の3つ。

  1. ストレスや疲労がたまると、転職サイトに登録する気力すら失うから
  2. 精神的に楽になれるから
  3. あなたが本当にやりたいことが見つかるきっかけになるから

 

ぼくの体験や経験をもとに、それぞれ具体的に解説していきます。

 

ストレスや疲労がたまると、転職サイトに登録する気力すら失うから

公務員を辞めたいと考えたらとりあえず転職サイトに登録しておくべき理由

 

ストレスや疲労がピークに達すると、何もかもやる気を失ってしまいます。

 

ストレスや疲労の原因は、自分に合わない仕事内容や職場での人間関係。

 

外部とのやり取りで疲弊することもありますね。

 

ストレスや疲労がたまることで精神的にも肉体的にも追い込まれ、何もやる気が起きなくなってしまうのです。

ロコ
ロコ
ストレスで病んでしまった友人がいるよ…

 

営業職だった友人の話

ぼくと同い年で営業職を務めていた友人の話です。

 

彼は裏表がない性格で、礼儀正しくまじめ。

 

周りから好かれるタイプで、傍から見れば営業職が向いているのですが、「営業が辛くてしょうがない」と毎日のように嘆いていました。

 

営業が辛い理由は、『自分が良いと思わない商品でも売らなければならないから』だそう。

 

入社2年目には転職も考えたそうですが、「まだいいや」と特に何もせず、辛さを我慢して営業を続けたところ…

 

体調が悪化したんです。

 

さすがにマズイと思い、ぼくや周りの友人たちは転職を促したのですが、「1週間くらい休んだら大丈夫」と言い、営業に復帰。

 

このとき無理やりにでも転職もしくは長期の休職を促すべきでした。

 

なぜなら、1年後に彼はうつ病と診断されたのです。

 

当時は、急に仕事へ行く気力がなくなり、テレビも付けずカーテンも開けず、ずっとボーっと過ごしていたとのこと。

 

ご飯を食べる気さえ失ってしまったそう。

 

結局彼は、2ヶ月間の休職を経て事務職へ転職。

 

かつての明るさをだいぶ取り戻しました。

 

いつストレスや疲労が極限に達してしまうか分かりません。

 

何かが起きてからでは、動きたくても動けなくなります。

 

精神的に楽になれるから

公務員を辞めたいと考えたらとりあえず転職サイトに登録しておくべき理由

 

転職サイトに登録しておくことで、『公務員がだめでも別の道があるんだ』と精神的に楽になれます。

逃げ道を作っておく

 

仕事が辛すぎて1年目のゴールデンウィーク明けから出勤できなくなった同期がいました。

 

もし彼が、「公務員って辛いな」と思い始めたころに転職サイトに登録していたら…。

 

逃げ道を作ることができ、もっと精神的に楽になれたのではないか、と考えてしまいます。

 

何もやる気が起きなくなってからでは手遅れ。

 

逃げ道を作っておけば、『次があるから大丈夫』と、心が軽くなるのです。

 

あなたが本当にやりたいことが見つかるきっかけになるから

公務員を辞めたいと考えたらとりあえず転職サイトに登録しておくべき理由

 

転職サイトを見ることが、あなたが本当にやりたいことを見つけるきっかけが見つかるかもしれません。

 

公務員に合わないな、仕事が辛いなと感じていた公務員1年目の冬、なんとなく転職サイトに登録してみたんです。

 

転職サイトを眺めていると目に留まったのが、Webデザインやライターの仕事。

 

もっと情報がほしくてツイッターでも調べてみたところ、巡りめぐってブログやアフィリエイトで稼いでいる人がいることを知ったんです。

純粋に楽しそうだなとワクワクした

 

もちろん、ブログやアフィリエイトで稼ぐことは簡単ではなく、ものすごい時間と労力がかかることは承知でした。

 

それでも、自分もやってみたいという思いの方が強かったんです。

 

ロコ
ロコ
ぼくは安定を求めて公務員になったけど…

実際に働いてみると、現職の人たちには申し訳ありませんが、とてもつまらない仕事でした。

ブログやアフィリエイトの存在を知って、初めて自分から『この仕事をやりたい!』と思えた

 

あのとき転職サイトに登録していなかったらと思うと、少しゾッとします。

 

ぼくのように、本当にやりたいことを見つけられるきっかけにもなるので、転職サイトがおすすめなんです。

\20代の転職におすすめ/

 

転職の決断は早い方がいいけど、慎重に考えて

転職の決断は早い方がいいけど、慎重に考えて

 

転職する決断は、早ければ早い方がいいです。

  • 20代の時間は貴重だから
  • 現状の不満が大きくなれば、ストレスで潰れるかもしれないから
  • いい求人があったとしても、ほかの人にとられてしまうから

 

ただし、決断は慎重に行ってください。

 

勢いや運まかせで退職・転職するほど愚かなことはありません。

 

今の仕事合わねえわ!転職するぜ!なんて言うやつは、次の仕事もうまくいくはずがない。

 

『嫌ならすぐ辞めよう、嫌なら続ける必要はない』という退職・転職を推奨する風潮は、解釈を間違えれば取り返しのつかないことになります。

要は、なぜ今の仕事が自分にとって嫌なのか考えないまま退職・転職するなということ

 

嫌なことを無理して続けてストレスがたまり、体調を崩すのは最悪なパターンです。

 

しかし、今の仕事を本気でこなしたこともなく、よく知ることもせずに辞める、というのは絶対にダメ。

 

『嫌なことからは逃げる』の意味をはき違えないようお願いします。

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由
公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき理由【ぼくは26歳で退職】公務員を辞めたいと考えているなら、20代のうちに決断すべきです。その理由を、26歳で退職したぼくが解説します。ただし、退職の決断は慎重に行いましょう。...

 

今は転職する気がなくても『とりあえず』転職サイトに登録しておくべき理由|まとめ

この記事では、今は転職する気がなくても『とりあえず』転職サイトに登録しておくべき理由について書きました。

 

ストレスや疲労がピークに達してからでは、何もやる気が起きなくなってしまいます。

 

しかし、あらかじめ転職サイトに登録しておくことで、『今の仕事がだめでも別の道があるんだ』と思えるようになり、精神的に楽になれるのです。

転職サイトを眺めるだけでも、あなたが本当にやりたいことが見つかるきっかけにつながることもある

 

現状に不満があるにもかかわらず、どうしようどうしようと迷っていると、貴重な20代の時間が失われてしまいます。

 

さらに、ほかの人に先を越され、転職活動を始めた頃にはいい求人が一つも残っていない、なんてことになるかもしれません。

 

手遅れになる前に、『とりあえず』転職サイトに登録し、もしもの時に備えておきましょう。

\20代の転職におすすめ/

 

ぼくは公務員に向いてない
【体験談】2年間公務員として働いて『公務員に向いてないな』と感じたこと2年間公務員として働いて、自分は公務員に向いてないと感じたことをお伝えします。退職から時間が経った今だからこそ、当時を冷静に振り返りました。...

 

\この記事を書いた人/
ハチャメログ

 

この記事いいかも!

と思ったらフォローしてください!

ハチャメログを!!

どうぞよろしくお願いします!!