ラグビーWカップ2019

【ラグビーWカップを楽しむために】これだけは知っておきたいラグビーの基本的なルール

これだけは知っておきたいラグビーの基本的なルール

 

ラグビー未経験者
ラグビー未経験者
ラグビーって何人で試合するの?試合時間は?Wカップ開幕前に、ラグビーの基本的なことが知りたい!

 

さっそくこの記事で解説していきますね。

この記事でわかること

  • ラグビーの超基本的なルール

 

ラグビーは、パスワークや単独突破で自分たちの陣地を広げつつ、相手陣地に攻め入ることから『陣取りゲーム』と言われるスポーツです。

 

ラグビーのルールはかなり複雑ですが、すべてを覚える必要はありません。

 

超基本的なルールだけ押さえて、4年に一度のワールドカップを楽しみましょう!

 

 

これだけは知っておきたいラグビーの基本的なルール

これだけは知っておきたいラグビーの基本的なルール

画像出典:ラグビーワールドカップ公式HP

 

まずはラグビーの超基本的なルールとして、プレー人数や試合時間などをみていきましょう。

プレー人数

ラグビーは1チーム15人、両チーム合わせて30人で戦います。

 

また、リザーブ(控え)メンバーは1チーム8人です。

 



試合時間

ラグビーの一試合時間は80分、前後半40分ずつ戦います。

 

ハーフタイムは10分間です。

 

前後半の開始や、得点後のゲーム再開のことを『キックオフ』と言い、グラウンドの中央からドロップキックで始めます。

ドロップキック:ボールを地面にワンバウンドさせてから蹴るキック。

 

試合終了のことを『ノーサイド』と言いますが、使われるのは日本だけで、海外では『フルタイム』という言葉が使われます。

ノーサイド:試合終了後にお互いの健闘をたたえ合うという、ラグビー精神からきた言葉。

 

グラウンド

ラグビーのフィールド

画像出典:J-SPORTS公式HP

 

グラウンドの中で特に重要な、22mライン、タッチライン、インゴールの3つをみていきましょう。

 

22mライン

ピンチを逃れるため、自陣22mラインの内側からボールをタッチラインの外に蹴りだします。

 

ラグビーは陣取りゲームでしたね。

 

たとえば、相手から自陣の22mラインの内側まで攻め込まれた後、ボールを奪い返したとしましょう。

 

22mラインの内側からパスをつないで攻撃に転じたとして、相手に再びボールを取り返されたら、一気にトライを奪われる可能性が高くなりますよね。

 

したがって、リスクを冒してパスをつないで攻撃に転じるより、タッチラインの外に大きく蹴りだしてピンチを逃れる=陣地を取り返した方がいいということなんです。

 

タッチライン

グラウンド横の一番長いラインがタッチラインです。

 

タッチラインからボールが外に出たら、ラインアウトで試合を再開します。

 

インゴール

ゴールポストの後ろのエリアがインゴールです。

 

インゴールの地面にボールをつけるとトライとなります。

 

5mライン:ラインアウトの際、5mラインを越えないでボールをキャッチすると反則となり、相手側のフリーキックで再開となる。

10mライン:キックオフの際、10mラインを越えるように蹴らなければならない。越えなかった場合は相手ボールのスクラムで再開となる。

 



得点方法

ラグビーの得点は、トライとキックに分けることができます。

トライ

  • 通常のトライ:5点
  • 認定トライ:7点

キック

  • コンバージョンキック:2点
  • ペナルティキック:3点
  • ドロップキック:3点

 

得点のルールに関する詳細は、次の記事をご覧ください。

 

ラグビーの得点方法まとめ

ラグビーの得点のルール
【ラグビー基本ルール①】初心者が知っておきたい得点の基本ルール この記事で解説していきますね。 この記事でわかること ラグビーの得点の基本的なルール ...

 

セットプレーの種類

ラグビーのセットプレーには、スクラムとラインアウトの2種類があります。

セットプレーに参加するのは、両チームFW(フォワード)の選手

 

スクラム

ラグビーのスクラム

画像出典:日本経済新聞

 

スローフォワード(ボールを前に投げる反則)やノックオン(ボールを落とす反則)など、軽い反則の後に行うセットプレーです。

 

スクラムは、お互いのFW(フォワード)8人で押し合います。

 

スクラムの流れ

レフェリーの合図

スクラムを組むときレフェリーは、「①クラウチ」「②バインド」「③セット」の順で声をかけます。

  1. クラウチ:フロントローが身をかがめる
  2. バインド:プロップ同士がユニフォームをつかみ合う
  3. セット:両チームが組み合う

 

SH(スクラムハーフ)がボールを入れる

ボールを保持しているチームのSH(スクラムハーフ)は、フロントロー同士の間にボールを入れます。

 

HO(フッカー)がボールを後ろへ送る

お互いのHO(フッカー)がボールを確保できるよう、両チームとも押し合います。

 

ボールを確保したチームは、足でボールを後方へ送ります。

 

SH(スクラムハーフ)が攻撃を展開

スクラムから出たボールを、SH(スクラムハーフ)もしくはNO8(ナンバーエイト)が拾い、攻撃に転じます。

 

ラインアウト

ラグビーのラインアウト

画像出典:朝日新聞

 

ボールがタッチラインの外に出たとき行うセットプレーです。

 

お互いのFW(フォワード)が一列にラインをつくり、HO(フッカー)が投げ入れるボールを奪い合います。

 

ポジションごとの役割

ラグビー各ポジションごとの役割

画像出典:J-SPORTS公式HP

 

ラグビーのポジションは大きくFW(フォワード)とBK(バックス)の2つに分けられます。

 

さらに、FWとBKそれぞれ3つのポジションエリアに分けられ、ポジションごとに役割が明確に決められているんですよ。

 

ポジションごとの役割を詳しく

ラグビー各ポジションごとの役割
【ラグビー基本ルール②】初心者が知っておきたいポジションごとの役割 さっそくこの記事で解説していきますね。 この記事でわかること ラグビーの各ポジションごとの役...

 

よくある反則とプレーの再開方法

ラグビーの試合中によくある反則とプレーの再開方法

画像出典:キャノンイーグルス公式HP

 

ラグビーは、反則の重さによりプレーの再開方法が変わってきます。

 

ラグビーの原則として、大きく次の3つがありまして。

  1. ボールより後ろでプレーすること
  2. ボールを落とさないこと
  3. 立ってプレーすること

 

これら原則をふまえると、反則の意味を理解しやすくなると思いますよ。

 

試合中によくある反則とプレーの再開

ラグビーの試合中によくある反則とプレーの再開方法
【ラグビー基本ルール③】試合中によくある反則とプレーの再開方法 ラグビーの大原則として、ボールより後ろでプレーすること、ボールを落とさないこと、立ってプレーすることの3つがあり...

 



ラグビーWカップは9月20日開幕!

この記事では、ラグビーWカップを楽しむために限知っておきたいラグビーの基本的なルールについてまとめました。

 

ラグビーWカップは、9月20日(金)日本 vs ロシアの一戦で幕を開けます。

 

4年に一度の祭典を、思いっきり楽しみましょう!

 

日本代表の試合日程

ラグビーワールドカップ日本代表戦の試合日程や試合会場まとめ
【ラグビーWカップ2019】日本代表の試合日程や会場のまとめ 2019年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会。 2015年の前回大会で大躍...

 

Wカップ全48試合の日程

ラグビーワールドカップ2019全48試合の日程と会場
【ラグビーWカップ2019】全48試合の日程と会場まとめ 2019年9月20日(金)に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会。 この記事では、予選か...

 

ABOUT ME
ロコ
元公務員のロコです。公務員関係のほか、スポーツやおすすめ動画、生活に役立ちそうなことをなどを書いています。