辞める前にやること

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいい

 

どうも、元公務員のロコ(@loco_14free)です。

 

ぼくは2年間公務員として働きまして、退職後の現在はフリーランスとしてWebライターやブログ運営をしています。

 

フリーランスとしての仕事は主にブログとアフィリエイト。

 

基本的に一人で仕事をするので、公務員時代に感じていた余計なストレスとは無縁です。

ロコ
ロコ
フリーランス最高!!!

 

さて、今回はタイトルでお伝えした通り、

 

『公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいい』

 

について書きたいと思います。

 

この記事を書くに至った理由は、友人から公務員を辞めてフリーランスになりたいと相談を受けたから。

友人
友人
俺もフリーランスになって自由に生きたい。

 

もしかしたらぼくの友人と同じように、公務員を退職してフリーランスになりたいという方がいらっしゃるかもしれません。

 

 

ちょっと待って。

 

 

なぜフリーランスなんですか?

 

フリーランスになって何がしたいのか、本気で考えましたか?

 

フリーランスは自由気ままに暮らせるわけではありません。

 

ぼくは誰が何と言おうと、公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいと思っていますして。

 

その理由を、神崎裕也氏によるウロボロスをもとに詳しくお伝えします。

 

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいい理由

 

友:公務員辞めてフリーランスになりたい

ーなぜフリーランスに?

友:おれもロコみたいに、何にも縛られず生きていきたい

ー……。やりたいことはあるの?

友:はっきり決まってないけど、ロコが今やってるやつ、なんだっけ、アフィリエイト?それやりたい。

ー……。すぐ目に見える成果はでないよ?

友:でも公務員を続けるよりはいい。

 

ロコ
ロコ
…………………。

 

フリーランスになるということは自由に生きるということではありません。

 

友人の話をよく聞いてみると、『フリーランス』という言葉の意味をはき違えているようでした。

  • とにかく公務員が嫌だ
  • 嫌だから辞めたい
  • フリーランスは自由でしょ?
  • だから俺もフリーランスになりたい

 

負の感情が先行しているんです。

 

確かに、フリーランスは自分の裁量で仕事ができます。

 

しかし、先ほども述べた通り何にも縛られない=自由に暮らすということではないんです。

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

 

フリーランスと言ってもいろいろな仕事があります。

 

ぼくが生業としているWebライターやブログは、始めるハードルが低いので誰でも“始めることは”できるわけです。

 

しかし、簡単に始められる=簡単にお金を稼げるということではないのは、火を見るよりも明らかですよね。

 

フリーランスの何が厳しいかというと、

どんなに辛くても、愚直に続けられますか?

公務員を辞めるのは簡単だけど、戻ることはできないよ?

 

ということ。

 

あなたが思っている以上にフリーランスはハードです。

 

やりたいことがハッキリしているなら話は別

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

 

ぼくの友人の場合、『フリーランスになってやりたいことがある』よりも『公務員として働き続けたくない』という負の感情が強いんですね。

 

負の感情はもの凄いパワーを生むと、ウロボロスから学びました。

冒頭でご紹介したウロボロスを例に見ていきましょう。

<ウロボロスのあらすじ(超短縮ver)>

児童養護施設で育ったイクオと竜哉は、目の前で大好きだった結子先生が殺されてしまった。

犯人の手がかりは金の腕時計。

最愛の人を失った悲しみと怒り、そして復讐したいという一心で、イクオは警察官に、竜也は極道になり犯人を追っていく。

 

という感じで、身寄りのない2人を育ててくれた先生が目の前で殺されてしまったと。

 

当時まだ幼かった2人は、「俺たちが結子先生の復讐をするんだ!」と決意して、警察と極道という相反する道を進んだわけですよ。

 

で、物語が進むにつれて自分たちや最愛の人の過去を知ることになり、人間味に触れることで復讐に対する心が揺らぎ、何が正しいの分からなくなる。結局俺たちは何のために復讐しようとしていたんだチクショウ!でも結子先生、何で……と切ないラストを迎えるわけですが。

 

主人公の2人は“犯人に復讐したい”という負の感情だけを頼りに生きてきました。

 

しかし真実が明らかになるにつれ、復讐することは正しいのか、本当に復讐していいのかと、心が揺らぎ始めるんですね。

 

\衝撃の真実!まだ読んでない人はぜひ!/

 

何年も心の支えにしてきた(負の)感情が正しいことではないと気づいてしまったんです。

 

ウロボロスのストーリーとぼくの友人の考え方は似ている

 

ぼくの友人に当てはめてみると、公務員が嫌だから辞めたいという感情はウロボロスでいうところの復讐心。

 

負の感情がエネルギー源となっている今は、勢いで何でもできる“ハイ”になっているわけです。

 

では目的が達成されたら、つまり公務員を退職したらどうなるか。

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

 

目的を達成したことにより負の感情が消え、燃え尽き症候群のような状態になるでしょう。

負の感情は強いエネルギー源になるが、目的を果たしたら何も残らなくなる

 

だからぼくは口を酸っぱくして言いまよ。

 

フリーランスになってやりたいことがハッキリしていないならフリーランスになるべきではない、と。

 

繰り返しますが、フリーランス=自由気ままに暮らすことではありません。

  • スケジュール管理
  • その日の仕事量
  • 確定申告
  • 納税

 

今まで誰かが決めてくれたことをぜんぶ自分一人でやらなければならないんです。

 

ただ公務員から解放されたいからという理由だけでは、フリーランスはやっていけませんよ、マジで。

ロコ
ロコ
やりたことがハッキリしてないと、公務員を辞めたハッピー!で終わって次に進めないよ。

 

何より、中途半端な仕事量ではフリーランスとして食べていくなんて無理。

  • 寝る間も惜しんで仕事する
  • 365日休みなし、常にフル稼働

 

公務員は週5日間、決められた時間働くだけで毎月お金がもらえますね。

 

一方でフリーランスは、自分で動かなければ仕事もないしお金を稼ぐこともできません。

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

 

想像している100倍の覚悟がないと、フリーランスではやっていけないと思います。

 

特に何の考えもなく、『自由を求めて』公務員を辞めてフリーランスになろうとしているあなた、もう一回考え直しませんか?



フリーランスにも向き不向きがある

公務員を退職してフリーランスになるのは止めた方がいいって話【ウロボロスに学ぶ】

 

会社勤めが向いていないからフリーランスになる、というのも一つありだと思います。

 

ただし、先ほども述べたように負の感情が先行していると、モチベーションは長く続きません。

目的が達成されれば燃え尽き症候群になる

 

やりたいことを明確にし、情熱と確信をもってやり続けられる人がフリーランスに向いています。

 

あなたは、他人に茶々を入れられても、横槍を投げられても、己の信念を曲げずに突き進められるタイプですか?

 

フリーランスは弱肉強食の世界といっても過言ではありません。

ロコ
ロコ
自分が働いた分しか返ってこない。働いた分が返ってこないこともある。何もしなくても給料をもらえる公務員とは違うぞ。

 

人に頼らず自分でできる人はフリーランスでもうまくいきます。

 

公務員を退職してフリーランスになりたいと考えている人は、しっかり自問自答してみてください。

公務員を辞めて1年が経ちました
【人間万事塞翁が馬】公務員を辞めて1年が経ちました どうも、元公務員のロコです。 ぼくは2019年に公務員を退職し、フリーランスとなりました。 公務員辞めて1年...

 

\この記事を書いた人/
ハチャメログ

 

この記事いいかも!

と思ったらフォローしてください!

ハチャメログを!!

どうぞよろしくお願いします!!