転職・退職

公務員を辞めてから辛いなと感じていること【毎日が寂しい】

公務員を辞めてから毎日が寂しい

 

どうも、元公務員のロコ(@loco_14free)です。

 

先日、下記のツイートをしました。

 

フリーランスになり、1日のスケジュールをぜんぶ自分で決めてやりたいようにやってるけど、人に会わないのがこんなに寂しいとは思わなかった…。

周りにブログやってる人いないし、フリーランスの人もいないし。

寂しすぎてネガティブな妄想しちゃうし。

寂しさを原動力にがんばろ。

 

これが今の素直な心境です。

 

あんなに嫌だった職場が、今となっては少しだけ恋しくなってるんだよなあ。

 

とはいえ、そんなことを言ってたらフリーランスになった本来の目的を見失ってしまうので、寂しさを原動力にせっせとブログ書きます。

 

フリーランスになって思ってることをつらつら書いていきます。有益な情報など一つもない、ただの独り言です。

 

ないものねだりをしているだけの日々

 

ツイッターでTestosteroneさん(@badassceo)がおっしゃっていたことがまさにその通りだなと。

 

公務員として働いていたときは、自分の人生を思い通りに生きたくて早く退職したかった。

 

でも公務員を辞めてフリーランスになり、自由を手に入れたはずなのに毎日寂しさを感じている。

 

この究極の矛盾は、仕方がないと言えなくもない気がします。

 

結局ないものねだりをしているだけで、現状に感謝できていないだけ。

 

贅沢な悩みだな!

 

悩みというか、ただのわがままか。

 

ないものねだりしてもしょうがないので、自分で決めたことはしっかりやり遂げます。

 

フリーランスになった本来の目的

 

フリーランスになった本来の目的は、お金と自由を手に入れること。

 

公務員の給料ではできることが限られるし、公務員として働いていては自由な時間が限られるだけでなくメンタルも削られます。

 

そんな不安定な状態では将来の見通しが立てにくいので、フリーランスになり、ブログで稼ぐ道を選んだわけです。

 

フリーランスなのですべて自己責任。やらなきゃ食べていけないし、やっても成果が出るか分からない。

 

毎日が寂しいとか言ってる場合ではなく、手を動かすしかないんですよね。やるか、やらないか。

 

なんかポエマーっぽくなったな。

 

気分が落ち気味のときは筋トレで解決

 

筋トレは人生を豊かにしてくれます。

 

身体を鍛えてしっかり食べてしっかり寝る。

 

筋トレが、人間の生に必要な要素を図らずも意識させてくれるのです。

 

まじで人生の99%の悩みは筋トレで解決できる。

 

寂しさを原動力にブログを書く

自分がやっていることに情熱と確信をもって、寂しさを原動力にがんばるしかないです。

 

公務員を辞めてフリーランスになることを選んだのは自分なので、自分の人生に責任を持って生きていかなきゃいけないなと。

 

自分がやっていることに情熱と確信をもつことの大切さは、『シメオネ超効果』という本から学びました。

 

大げさかもしれませんが、この本はぼくの人生のバイブルです。

 

寂しい寂しいと言っても現状は変わらないので、とにかく今日もせっせとブログ書きます。

 

何の有益な情報もないぼくの独り言に、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

脱サラしてフリーランス』はおすすめしない

公務員を辞めてフリーランスになったぼくが脱サラしてフリーランスを勧めない理由
公務員を辞めてフリーランスになったぼくが『脱サラしてフリーランス』を勧めない理由 フリーランス最高! 仕事が嫌ならさっさと辞めてフリーランスになろう! フリーランスはとにかく自由で何にも縛ら...