退職前のメンタル

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

 

若手公務員の退職者が増えてるって聞いた…

優秀な人ほど辞める傾向にあるのかな…

 

若手公務員の早期退職者が増えてきました。

 

特に20代国家公務員において2019年度の退職者数は2013年度より4倍以上に増えたというデータがあります。

 

ぼく(@loco_14free)も26歳のときに地方公務員を退職しました。

地方公務員と国家公務員の違いはあるが根本的な退職理由はだいたい同じ

 

若手のうちに公務員を辞めようと考える理由は痛いほど分かるのでこの記事にまとめました。

この記事のまとめ
  • 結論:若手で優秀な公務員ほど早期退職を選択する
  • 仕事にやりがいを感じられない公務員が続出
  • 若手公務員はストレスも感じている
  • 公務員だから辞めてはいけない決まりはない
  • 働き方は多様化しており公務員も例外ではない

 

若手ほど公務員を辞める理由

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

 

若手公務員を中心に早期退職する人が増えています

 

『とりあえず3年は働け』という風潮はもう終わり。

働き方が多様化している現代において公務員も例外ではなくどんどん新しい挑戦をしている

 

民間企業では入社から3年以内に退職する割合が過去20年間にわたって3割前後で推移しているとのこと。

参考:「入社3年以内に会社を辞める人」の4大特徴|東洋経済オンライン

 

公務員の中でも20代国家公務員が自己都合により退職した人は年々増加しています(後ほど詳しく説明)

 

なぜ若手ほど早く退職するのか理由を考えてみました。

  • 仕事にやりがいを感じられないから
  • 閉鎖的な環境が辛いから
  • 働き方が多様化しているから

 

仕事にやりがいを感じられないから

仕事にやりがいを見いだせず退職するパターンです。

 

公務員の仕事は基本的に前年踏襲。

 

劇的な変化が訪れたり新しいシステムをすぐ取り入れたりすることはありません。

ほとんどの仕事は答えやマニュアルが決まっている

 

自分の頭を使って考える必要がないので仕事にやりがいを見出すのは難しいのです。

ロコ
ロコ
お役所仕事といわれる所以だね。

 

一方で公務員には良いところもたくさんあります。

  • 社会的信頼が厚い
  • ローンを組みやすい
  • 各種手当・休暇が充実している

 

公務員ほど待遇がいい職業はありません。

 

さらにクビになる心配もないので安定している職業といえます。

 

ただ、いくら待遇がよくても仕事をしている時間の方が長いのでやりがいを感じられなければ辛くなるのは当然のこと。

中には自分がやっていることがどれだけ県民・市民のためになっているか分からない仕事もある

 

仕事にやりがいを見いだせないのでエネルギッシュな若手ほど早いうちに退職するのです。

公務員の仕事に魅力を感じられない最大の理由

 

閉鎖的な環境が辛いから

公務員は閉鎖的な環境なので閉鎖的な環境で息苦しさを感じることがあります。

 

業務内で関わる人がほとんど同じため人間関係に問題が生じても逃げ場がありません

特に地方自治体は職員の数が少ない

 

1つの課に5,6人しかいないなんてことも珍しくありません。

 

課や係の構成人数が少ないほど若手公務員にとっては息苦しいのです。

職場に若手公務員は1人しかおらず気軽に話せる同僚がいない

 

7時間以上の勤務時間において同年代や年が近い先輩・後輩がいない環境は相当厳しいもの。

ロコ
ロコ
職場環境が悪ければ精神的に病んでもおかしくない…

 

閉鎖的な環境で逃げ場がなければ多大なストレスを感じてしまうため、若手公務員は早期退職を決意するのです。

 

働き方が多様化しているから

働き方が多様化している現代において終身雇用は崩壊しかけています。

 

1つの職場で定年まで働き続ける時代はもう終わったのです。

ひと昔前までは大学を出て定年まで公務員として働くことが最強といわれていた

 

特に20代公務員の親・祖父母世代にとって公務員は憧れの職業。

 

公務員を辞めるなんてもったいない・ありえないという考え方が定着しています。

ロコ
ロコ
時代が違うので考え方も違って当然。

 

インターネットやスマートフォンが普及した現代においては働き方やお金の稼ぎ方が多様化しています

わざわざ決まった時間に決まった場所へ行かなくてもネットさえあれば稼ぐことができる時代

 

言い方を変えればストレスを抱えながら無理して働く必要がなくなったということ。

 

働き方や稼ぎ方が多様化している風潮に合わせ若手公務員ほど早い段階で退職を決めるのです。

 

ぼくが公務員を退職した理由

 

ぼくが公務員を退職した理由は主に次の3つ。

  • 公務員の体質が合わなかったから
  • 人間関係にストレスを感じたから
  • ほかにやりたいことがあったから

 

大学院を修了してから公務員になったので勤続年数は2年です。

 

しかし、たった2年でもぼくは公務員に向いていないと感じました。

ぼくの性格は驚くほど公務員に向いていなかった

 

現在はフリーランスとしてブログ運営やWebライターを仕事としています。

 

公務員のようにマニュアルやルールに縛られた仕事ではなく自分の頭でいろいろ考えながら仕事をしたかったんです。

公務員を辞めた後のぼくの生き方

 

20代官僚の退職が増えている現実

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

 

20代官僚の退職が増えています

 

2020年11月18日、河野太郎国家公務員制度担当相がブログで『危機に直面する霞が関』と発表しました。

2019年度の20代の霞ヶ関の総合職の自己都合退職者数は6年前より4倍以上に増えています。

2019 87人
2018 64
2017 38
2016 41
2015 34
2014 31
2013 21

~略~

30歳未満の国家公務員の中で、「すでに辞める準備中/一年以内に辞めたい/三年程度のうちに辞めたい」と考えている者が男性で15%、女性で10%に達しています。

引用元:衆議院議員 河野太郎公式サイト

 

2019年における20代の国家公務員退職者数は2013年に比べて4倍以上に増えたとのこと

年度退職者
201987人
201864人
201738人
201641人
201534人
201431人
201321人

 

2017年度までは40人弱で推移してきたものの、2018年度で一気に64人まで増え2019年度は90人弱まで増えました。

 

退職理由で多いもの

20代国家公務員の退職意向の理由は次のように言及されています。

30歳未満の国家公務員の辞職したいという意向の理由は、「もっと自己成長できる魅力的な仕事につきたいから」が男性で49%、女性で44%、「長時間労働等で仕事と家庭の両立が難しいから」が男性で34%、女性で47%、「収入が少ないから」が男性で40%、女性で28%、「今後キャリアアップできる展望がないから」が男性で33%、女性で23%となっています。

引用元:衆議院議員 河野太郎公式サイト

 

男女とも半数近くがもっと自己成長できる魅力的な仕事につきたいからと回答しています。

 

ネガティブな退職理由として、①仕事と家庭の両立が難しい、②収入が少ない、③キャリアアップできそうにないという理由も挙げられました。

理由男性女性
もっと自己成長できる魅力的な仕事につきたいから49%44%
長時間労働等で仕事と家庭の両立が難しいから34%47%
収入が少ないから40%28%
今後キャリアアップできる展望がないから33%23%

 

国家公務員を対象とした調査ですが地方公務員でも同じような傾向がみられるはずです。

 

また、公務員の労働環境がブラックであることも理由の1つであることは間違いありません。

 

仕事のやりがいや仕事以外との両立の難しさは公務員最大の課題といえます。

『公務員が安定している時代はもう終わり』の理由
【公務員は時代遅れ?!】公務員が安定している時代はもう終わりかもしれない公務員は本当に安定しているのか、この安定はいつまで続くのか。時代遅れの負の遺産を抱えている公務員が、これからどうすればいいか、元公務員のぼくが考えました。...

 

国家公務員総合職志望者数も激減している

国家公務員キャリア志望者数が激減しています。

人事院は16日、2021年度の国家公務員採用試験で、キャリアと呼ばれる省庁幹部候補の「総合職」申込者数は前年度比14.5%減の1万4310人だったと発表した。

引用元:YAHOO!ニュース

 

若手公務員の退職者が増えているだけでなく公務員の志望者数が減っている現実。

 

特に国家公務員総合職が顕著に表れており14.5%という減少率は過去最多です。

 

『公務員』という職業としての安定よりも『仕事のやりがい』が優先されているのだと思います。

ロコ
ロコ
今後も公務員離れは続きそう…

 

公務員だから辞めてはいけない理由はない

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

 

公務員だから辞めてはいけない決まりはありません。

『とりあえず3年働け』『公務員は定年退職が当たりまえ』という風潮ははひと昔前の話。

 

現代においては淘汰されるべき考え方だとぼくは思います。

 

また、IT化や地方自治体の過疎化・人口減少などの影響で公務員の安定もいつまで続くか分からないのが現実です。

 

公務員だから辞めてはいけない理由はなく転職が当たりまえの時代になりました。

1つの職場で定年まで働き続ける必要なし!

 

若手公務員が自己都合を理由に退職している事例が増えてきている現状を理解することが大切だと思います。

公務員を辞めてはいけない決まりはない

 

辞める決断は早いうちにした方がいい

【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実

 

公務員を辞めようと考えているなら早いうちに決断した方が後から楽になります

何かを始めるのに年齢は関係ないと言いますが20代は人生の中でも貴重な時間

 

仮に失敗したとしてもやり直しがきくだけでなくフレッシュな状態でいろいろなことにチャレンジすることができるのです。

 

歳を重ねていくとこれまでの経験から自分の考えが凝り固まってしまうんですね。

 

ある意味『自分がすべて正しい』というマインドになり、外部のアドバイスや意見・自分が知らないものを受け入れることが難しくなります

だから上司は頭が固い人が多い

 

20代のうちであれば知らないことを受け入れたりいろいろなことに飛び込む勇気がありますね。

 

だからこそ辞めようかどうか迷っているなら20代のうちに決断すべきなのです。

公務員を辞めるなら20代のうちに決断すべき3つの理由



まとめ

この記事では、【時代の変化】若手で優秀な公務員ほど退職する現実について書きました。

 

若手公務員が早期に退職する理由は仕事のやりがいのなさや閉鎖的な環境の辛さが挙げられます。

働き方や稼ぎ方が多様化しており新しいことへチャレンジすることも退職の理由の1つ

 

2019年における20代国家公務員の退職者は2013年に比べて4倍以上も増えたというデータがあります。

 

さらに国家公務員総合職の志望者数が5年連続で減少しており公務員自体の人気も薄れてきました

 

公務員だから定年まで働かなければならない理由はありません。

 

辞める決断をするなら早いに越したことはないのです。

とりあえず転職サイトに登録しておくことの重要性

 

\この記事を書いた人/
ハチャメログ

 

この記事いいかも!

と思ったらフォローしてください!

ハチャメログを!!

どうぞよろしくお願いします!!