公務員のリアル

公務員の勤務時間はどのくらい?残業時間も多いの?

公務員の勤務時間はどのくらい?

 

  • 公務員の勤務時間ってどのくらい?
  • 1日の流れはどうなってるの?
  • 残業はあるの?

 

この記事では、新規採用職員の皆さんに向けて上記の疑問を解決していきます。

 

公務員の勤務時間はどのくらい?

公務員の勤務時間はどのくらい?

 

公務員の勤務時間は1日あたり7時間45分、1週間に換算すると38時間45分

 

勤務時間は国家公務員も地方公務員も同じ時間です。

警察や教員を除く

 

労働基準法では1日8時間、週40時間

労働基準法では、『1日の労働時間は8時間、1週間では40時間を超えてはならない』と規定されています。

参考:労働基準法第32条

公務員の場合、労働基準法がどこまで適用されるかは専門家でも議論が分かれるとのこと。

労働基準法が適用されない部分については、国家公務員法や地方公務員法で定められます。

 

1日の流れ

ほとんどの自治体では、1日の流れは次のとおりです。

  • 午前 8:30~12:00(3時間30分)
  • 昼休み 12:00~13:00(1時間)
  • 午後 13:00~17:15(4時間15分)

 

8:30に始業、1時間の昼休みをはさみ、17:15に終業となります。

 

また、国家公務員や一部の自治体では昼休みが45分で終業時間が17:00です。

  • 午前 8:30~12:00(3時間30分)
  • 昼休み 12:00~12:45(45分)
  • 午後 12:45~17:00(4時間15分)


フレックスタイム制について

フレックスタイム制を導入している自治体もあります。

フレックスタイム制

一定の期間についてあらかじめ定めた総労働時間の範囲内で、労働者が
日々の始業・終業時刻、労働時間を自ら決めることのできる制度。

出典:厚生労働省『フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き』

 

要は、トータルの就業時間が同じであれば『業務開始と業務終了を都合に合わせて前後にずらしていいですよ』という制度です。

 

ぼくが勤めていた自治体では、夏季(7月~9月)にフレックス制度が導入されていました。

夏は暑いので朝の涼しいうちに仕事を始めて、夕方は早く帰りましょうという趣旨

 

ところが…

ロコ
ロコ
フレックス制を利用する人は誰もいませんでした…

 

早く仕事を始めてたとしても、業務量が多すぎて時間内に仕事が終わらないので、わざわざフレックス制を活用する人はいなかったのです。

 

ほとんどの人は普段から8:30前に仕事を始めており、早い人では7:00ころ出勤している人もいます(帰るのは20:00くらい)。

 

夏季にフレックスを利用できたとしても業務量が減るわけではないので、普段と変わらない勤務時間になるのです。

 

公務員の残業事情

公務員の残業事情

 

結論を先に言うと、公務員はほとんどがサービス残業です。

 

総務省が、『地方公務員の時間外勤務に関する実態調査』を行いました(調査対象年度は平成26年度及び平成27年度)。

 

調査結果は次のとおり。

公務員の時間外勤務に関する実態調査の結果

画像出典:地方公務員の時間外勤務に関する実態調査結果(概要)Ⅰ(PDF)

 

地方公務員全体の平均残業時間は、1か月あたり13.2時間、1年間あたり158.4時間ということです。

 

本庁勤務の場合をみてみると、1か月あたり18.3時間、1年間あたり219.6時間ですね。

ロコ
ロコ
本庁の1か月平均が18.3時間…??

 

実態調査の結果によると、1か月の勤務日数を22日(30日-4週間分の土、日)とすると、1日あたりの残業時間は1時間に満たないわけですよ。

 

んなわけあるかい!!

 

注意していただきたいのは、実態調査の結果はあくまで平均値ということ、実態を反映していない可能性あるということ、部署によって差があるということです。

 

公務員は業務量が膨大なので、勤務時間内に仕事が終わらないんですよ。

 

実態調査の結果によると、8:30から17:15までの正規の労働時間プラス18:30前後までの残業ということになりますが、ありえないですね。

 

平均して1日あたり2時間から3時間は残業してますよ。

ロコ
ロコ
退庁時間は20:00ころ…

 

公務員の定時退庁は幻想
『公務員は定時で帰れる』は幻想!【サービス残業は当たり前】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 この記事では、公務員は定時で帰れるかどうかについて書いていきます。 ...

 

残業を減らす取り組みはしているけど…

残業を減らす取り組みはしているけど根本的な解決にはならないものばかり

 

地方公務員の時間外勤務に関する実態調査では、時間外勤務縮減の取り組み事例も紹介されていました。

 

いくつか抜粋します。

  • 定時退庁日、ノー残業デー等の設定
  • 一定時刻以降の時間外勤務の原則禁止
  • 一定時刻(午後4時など)以降の会議、打合せ、業務指示の原則禁止
  • 時間外勤務の要因の把握

出典:地方公務員の時間外勤務に関する実態調査結果(概要)Ⅲ(PDF)

 

残業を減らそうと、それらしい取り組みは行っているようです。

 

ぼくが勤めていた自治体でも同じようなことをやっていましたよ。

 

でも正直、対策と言っても表面的なことばかりで根本的な解決には至っていません。

公務員の残業が多いのは、業務量が膨大すぎることと無駄が多いことが原因

 

業務時間内の無駄を減らすことなんてすぐできるわけですよ。

  • やり取りの基本になっている電話
  • 同じ県職員なのに丁寧極まりないメール
  • 紙の資料
  • タバコ休憩

 

時間外勤務縮減のための取り組みもいいと思いますけど、個人の意識改革とか、仕事に対する考え方を変える方が先だとぼくは思います。

 

ぼく自身、最初から公務員には無駄が多いと思っていたわけではありません。

 

ホリエモンの99%の会社はいらないを読んだおかげで、公務員の仕事にどれだけ無駄が多いか気づくことができたのです。

created by Rinker
ベストセラーズ
¥772
(2019/11/15 01:28:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

この本に書いてあることは個人でも実践できること。

 

組織が変わるなんてまず無理なので、自分自身が変わることでしか無駄をなくすことはできないのです。



公務員の勤務時間まとめ

この記事では、公務員の勤務時間と残業事情について書きました。

まとめ
  • 勤務時間は1日あたり7時間45分、1週間で38時間45分
  • ほとんどサービス残業
  • 業務量が多すぎるので残業は青天井
  • 公務員には無駄が多い
  • 無駄をなくすには個人が変わる必要がある

 

公務員は一人の業務量が多すぎるので時間内に仕事が終わらず、ほとんどサービス残業で対応することになってしまいます。

 

しかし、業務時間内の無駄をなくすことで残業も少なくすることができます。

 

組織に頼っていては無駄はなくなりません。まずは個人の意識と工夫で無駄をなくすことが組織全体の改革につながるのです。

 

99%の会社はいらない

created by Rinker
ベストセラーズ
¥772
(2019/11/15 01:28:26時点 楽天市場調べ-詳細)