退職の流れ

公務員が退職までの辛い期間を乗り越える5つの方法【心を平穏に保とう】

公務員が退職までの辛い期間を乗り越える方法

公務員を辞めることは決まったけど、退職までの残り期間が辛いと感じませんか?

「公務員を辞める」ということが信じられず、冷ややかな視線を送ってきたり嫌がらせをしてきたりする人がいます。

辞めた後関わることがないとはいえ、できるだけ嫌な気分にならず退職までの期間を過ごしたいと思うのは当然のことです。

この記事では、退職までの辛い期間を乗り越える方法を2年で辞めたぼく(@loco_14free)がお伝えします。

公務員を辞めたとしても誰かに迷惑がかかるわけではありません。退職日まで無心で過ごしたり有給休暇を消化したりと、心の平穏を保ちましょう

元公務員ロコ

周りの視線は気にしなくてOK!

退職までの辛い期間を乗り越える5つの方法

退職まで残りの期間が辛い場合どのようにして乗り越えればいいのか、ぼくの体験をもとに5つの方法を紹介します。

  • 感情的にならない
  • 堂々と過ごす
  • 淡々と仕事に打ち込む
  • 定時で帰る
  • 有給休暇を消化する

「辛い」と感じてしまうのは受け取り手の問題である場合が多いもの。周りの視線を気にしないよう、心を平穏に保つことを意識しましょう

露骨に嫌な顔をされたり変な態度を取られたりする場合は、有給休暇を取得して職場から離れることをおすすめします。

感情的にならない

退職までの期間で感情的にならないことがポイントです。嫌味を言われたり冷たい態度を取られたりしても、決して感情を表に出してはいけません。

感情的になってしまうと、公務員を辞めることについて「後ろめたさを感じているのでは?」と思われます。

退職が決まった途端態度が急変し、次のようなことを言う人がいるかもしれません。

  • 公務員を辞めるなんてもったいない
  • 辞めてどうするの?
  • 公務員以上に待遇が良い仕事はないよ?

自分へ向けられた悪意に対して感情的になるのはNG

「本当に辞めて正解なのかな…」と気持ちが揺らがないよう、感情的にならず対応しましょう。

あまりにもしつこく何かを言われれば、上司や人事課へ報告してください。

堂々とする

退職日まで堂々と過ごしましょう。公務員を辞めることは悪いことではないので、引け目を感じる必要はありません。

退職を決断したことについて後悔してしまうと、自分を否定することになります。

公務員を辞めて新しい道へ進むことを決意した自分自身に誇りを持ってください。

退職日まで気まずい雰囲気になるのはしょうがないもの。こちらが堂々としていれば何も問題ありません。

元公務員ロコ

胸を張って堂々と過ごしましょう。

淡々と仕事に打ち込む

退職日まで淡々と仕事に打ち込みましょう。後任や周りの人たちに仕事を残さないためにも、全力で仕事に打ち込んでください。

仕事に集中していれば周りの雑音は聞こえなくなります

例えば起案にハンコを押してもらえないなど冷たい態度を取られた場合。

決裁が滞ることで困るのは、起案者のあなたではなく県民や市民です。

業務怠慢として、課長や人事に報告しましょう。

退職を伝えた後職場メンバーの態度が変わったり冷たくなったりしても、あなたは1人の公務員として仕事に打ち込めばいいのです。

定時で帰る

退職日まで毎日定時退庁しましょう。

辞めることが決まっていると、仕事のモチベーションが上がらない場合が多いものです。

自分の担当業務だけしっかり終わらせれば、周りの視線を気にしてサービス残業する必要はありません

ただし退職が決まっているからとはいえ、仕事をサボったり無断欠勤したりするのは絶対にNG。

退職日まで公務員としての職務を全うしましょう。

有給休暇を消化する

仕事に余裕があれば退職日までできるだけ多く有給休暇を消化しましょう。

有給休暇取得可能日数が余ったとしても買い取ってくれません

「有給休暇の買い取り」とは消化できない有給休暇分の給与を要求すること。

民間企業では認められることもありますが、公務員は該当しません。

退職が決まると、退職日までカウントダウンが始まります。

態度が冷たかったり嫌がらせをされたりするなら、職場から離れて精神を平穏に保ちましょう。
» 公務員は退職前に有給休暇を消化できる?

退職日までもたない場合は休んでOK

退職日までの期間が辛すぎてもたない場合は、有給休暇をフルに使って休みましょう。

しんどい気持ちを我慢して無理に行く必要はありません。

有給休暇の取得は権利なので、事情を伝えたうえで休みましょう。

退職までの期間が辛い理由

退職日までの期間が辛い理由は下記3つです。

  • 周りの目が気になるから
  • 周りの態度が冷たいから
  • 何度も辞める理由を聞かれるから

退職が決まった途端態度が急変し、冷たくなったり無視されたりすることもあります。

人間関係がうまくいかない職場に未練はないので、退職日まで辛抱強く過ごしましょう。

周りの目が気になるから

公務員の退職を伝えると周りの視線が気になります。

若いうちに公務員を辞める人が少ないので引け目を感じてしまうのです。

周りの人と違う選択をすると気まずさを感じてしまうものですが、しょうがないことなので気にしなくてOK。

しかし公務員を辞めることは悪いことではありません。

公務員を辞めて次の道に進む決断をした自分自身に誇りを持ってください

元公務員ロコ

気まずい空気の中でも堂々と過ごそう!

周りの態度が冷たいから

公務員を辞めると分かった途端周りの態度が冷たくなることがあります。

公務員は同調圧力が強い職業だからです。

嫌がらせをしてくる人や冷たい視線を送ってくる人は「自分も大変だからお前も大変であれ」という気持ちを持っています。

あなたの足を引っ張てくる人たちに屈してはいけません。

公務員を辞める決断に対して周りの人がとやかく言う権利なし。

冷たい態度を取ってくる人は少数派です。ほとんどの人は「これからも頑張れよ」と応援してくれるので安心してください。

何度も辞める理由を聞かれるから

辞めると分かったら何度も繰り返し退職理由を聞いてきます。

  • 何で辞めるの?
  • 公務員を辞めるなんてもったいないよ
  • 辞めた後はどうするの?

その人にとっては初めて聞く質問かもしれませんが、こちらにとっては何十回も答えたこと。何度も同じ内容を答えなければいけないとうんざりします。

上の世代は若いうちに公務員を辞めることが珍しいため理由を知りたがります。

正直に退職理由を答えたくない場合は「ずっと○○職に就きたかった」などと答えればOKです。

退職理由を濁したことの失敗談

ぼくが公務員を辞めた理由の1つは「フリーランスになってブログ運営したかったから」ですが、当時は理由を聞かれても濁しました。

説明するのがめんどうで適当に受け流していたのです。しかし廊下ですれ違うたびに「何で辞めるの?」と聞かれる始末。

最初からちゃんと順を追って説明すればよかったなと思います。

退職までの辛い期間を短くするたった1つの方法

退職までの辛い期間を短くするため、職場全体には退職日のギリギリに辞めることを伝えましょう。

ぼくは3月末日付で退職しましたが、職場のメンバーには3月の内示が出るタイミングで伝えました。

万が一嫌がらせなどを受けないようにと、所属課長が配慮してくださったのです。

内示のタイミングで伝えれば退職までのカウントダウンは約10日。土日を含めなければ7日程度出勤して退職です。

退職までの期間が辛いと感じるのは職場全体の雰囲気や冷たい態度が主な原因です。

早いうちから全員に伝えておかず、退職日ギリギリに公表しましょう。
» 公務員が退職を申し出るタイミング

【体験談】退職まで辛いと感じなかった理由と退職日までの過ごし方

ぼくは退職までの期間を辛いと感じたり行きたくないと思ったりしませんでした。主な理由は次の3つです。

  • 職場のメンバー優しかったから
  • 担当業務が忙しかったから
  • 公務員を辞めた後の生活が楽しみだったから

とにかく職場のメンバーに恵まれていました。

しつこく退職理由を聞かれることはありましたが、ぼくのことを心配してくれていたのだと思います。

冷たい態度を取られたり冷ややかな視線を送られたりすることは一切なし。退職日まで平穏に過ごすことができたのは、職場メンバーの優しさのおかげです。

退職日までは何とか担当業務を終わらせようと必死でした。

次年度からスムーズに業務を始めるための準備や、年度内に片付けなければならない仕事が盛りだくさん。

年度明けすぐに国へ提出する資料もあったので、引継ぎが大変だった記憶があります

元公務員ロコ

忙しすぎて休む暇もなく、普段通り仕事して退職日を迎えましたよ。

まとめ

この記事では、公務員が退職までの辛い期間を乗り越える5つの方法【心を平穏に保とう】について書きました。

退職日までの辛い期間を乗り越える方法は次の5つです。

  • 感情的にならない
  • 堂々と過ごす
  • 淡々と仕事に打ち込む
  • 定時で帰る
  • 有給休暇を消化する

ほとんどメンタル面での対処法です。

退職まで気まずい場合は、堂々としたり淡々と仕事に打ち込んだりして周りの視線を無視しましょう

どうしても仕事に行きたくない場合やモチベーションが上がらないときは、退職日までフルに有給休暇を取得するのもおすすめです。

所属長と相談したうで、辞めることについて職場全体には退職日ギリギリに伝えてください。

退職日までカウントダウンして、辞めた後の素敵な生活を想像しましょう。

ABOUT ME
元公務員ロコ
新卒で公務員になりましたが向いていないので2年で退職。現在はフリーランスとして活動しています。公務員退職前のメンタルや公務員退職の流れ、2年間勤めて感じた公務員のリアルをお伝えします。