公務員

地方公務員が感じているストレスとは?元公務員が実体験をもとに振り返る。

公務員が感じているストレス

 

どうも、元公務員ブロガーのロコ(@loco_14free)です。

 

この記事では、地方公務員が感じているストレスについて書いていきます。

 

ぼくは、2年間勤めた公務員を退職し、現在はフリーランスとして活動していまして。

 

フリーランスだと時間の融通が利き、何にも縛られることがないので、ストレスフリーな日々を送っています。

 

ストレスフリーな現状と公務員として働いていた当時を比較すると、公務員はストレスを感じない日はなかったなと。

 

世間的には『公務員は安定』と言われていますが、ストレスを感じることもたくさんあるんですよ。

 

公務員ではない人にしてみれば、「公務員なんて楽でしょ?何をストレスに感じることがあるの?」と思われるかもしれませんが、見えないところで相当ストレスを感じているのです。

 

そこでこの記事では、ぼくの実体験をふまえながら公務員がストレスを感じていることを3つまとめました。

 

 

現役の方は「それ分かる」と共感していただき、公務員でない方は「公務員って大変なんだなあ」と感じていただければ幸いです。

 

地方公務員が感じているストレス3つ

公務員が感じているストレスを3つ挙げてみました。

  1. 人間関係のストレス
  2. 公務員の体質によるストレス
  3. 勤務時間のストレス

 

上記3つはすべての公務員が感じているストレスだと思うので、あえてこの3つに絞っていきますね。

タイトルにもあるように、ここでは地方公務員が感じているストレスについてご紹介していきます。(警察、消防、教員などは除く)


1.人間関係のストレス

公務員はどの部署に所属していても人間関係のストレスを受けてしまいます。

 

地方公務員と一言でいっても業種は幅広く、組織として非常に大きいイメージがありますよね。

 

確かに組織としては大きいのですが、組織を構成するのは、部、課、室、係(担当)と細かく分けらております。

 

たとえば規模が大きい『課』だと、全体で約30人、10人ほどの『室』や、4~8人ほどの『係(担当)』で構成されます。

※部署によって人数は前後します。

 

規模が大きい『課』だと所属人数が多くなり、必然的に関わる人数も多くなりますよね。

 

したがって、大勢が苦手だという人はその場にいるだけでストレスを感じてしまいます。

 

『課』全体の飲み会なんてかなり大変ですよ。

 

大学生のサークル飲みより下品ですね。



一方、規模が小さい『課』もありまして、全体で10人ほど。

 

仕事が比較的はやく回るというメリットはありますが、コミュニティが狭いので閉鎖空間となり、逃げ場がないんですよね。

 

したがって、何か不満なことがあっても相談し辛く、一人で抱えがちになってしまう可能性があります。

 

公務員に向いていない人の特徴を分析

公務員に向いていない人の特徴を元公務員が分析した
公務員に向いていない人の特徴は?【元公務員が実体験をもとに分析】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 この記事では、公務員に向いていない人の特徴について書いていきます。 ...

 

2.公務員の体質によるストレス

年功序列や前年踏襲など、公務員の体質は異常に古いままです。

 

仕事ができてもできなくても、在籍期間が長いだけで給料が高くなるんです。

 

ただ椅子に座ってるだけの上司っているじゃないですか。

 

何もしない上司より、まじめに働いている自分の方の給料が低いなんて馬鹿げてますよね。

 

どんなに頑張っても評価されない、さぼろうが何しようが給料は変わらない、それが年功序列です。



また、業務は基本的に前年踏襲です。

 

上司の決裁も、「前年と同じでしょ。じゃあおっけー。」みたいな感じで、しっかり目を通してくれないこともあります。

 

とりあえず前年と同じようにやっておけば良い、前年と同じならまず間違いないという、はっきり言って思考停止ですよね。

 

楽と言えば楽なのかもしれませんが、前年踏襲ほどやりがいのない仕事はありません。

 

仕事にやりがいがなく、何のために働いているのかわからなくなることにストレスを感じますね。

 

公務員の仕事にやりがいを見つけるのは難しい

公務員の仕事にやりがいはあるのか。そもそもやりがいとは何なのか。 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 この記事では、公務員の仕事のやりがいについてぶっちゃけます。 ...

 

3.勤務時間のストレス

世間のイメージとは正反対に、公務員は相当ブラックですよ。

 

「公務員は定時で帰れるんでしょ?」とよく言われますが、ただの幻想です。

 

公務員の勤務時間は8:30~17:15ですが、業務量が膨大なので時間内に仕事が終わらず、定時退庁なんて夢のまた夢。



部署や時期によっては、23時帰宅が当たり前、日によっては日付をまたぐこともあります。

 

さらに、財源がないのでほとんどの場合がサービス残業

 

膨大な業務量に加え時間外手当がつかないのは、相当なストレスですよ。

 

公務員は定時で帰れる』はただの幻想

公務員の定時退庁は幻想
『公務員は定時で帰れる』は幻想!元公務員がリアルな実態をお伝えします。 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 この記事では、公務員は定時で帰れるかどうかについて書いていきます。 ...

 

公務員はかなりストレスが多い



この記事では、公務員が感じているストレスを3つご紹介しました。

 

公務員は安定している職業なのに、ストレスを感じることなんてあるの?と思うかもしれませんが、世間のイメージ以上に公務員は見えないところで受けるストレスが多いんです。

 

なので、「公務員のくせに有給とるのむかつく」とか「税金で生活してるんだから残業なんて当たり前だろ」とか、きついこと言わないでください。

 

少しでも多くの方に公務員の実態を知っていただければ幸いです。

 

公務員のイメージは安定していること?

公務員のイメージは安定していること?【元県職員が公務員の本当の姿をお伝えします】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 みなさんは、公務員と聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 ...

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

公務員ランキング

ABOUT ME
ロコ
元公務員のロコです。公務員関係のほか、スポーツやおすすめ動画、生活に役立ちそうなことをなどを書いています。