公務員

公務員を辞める決断をする前に考えてほしいこと

公務員を辞める決断をする前に考えてほしいこと

 

どうも、元公務員ブロガーのロコ(@loco_14free)です。

 

ぼくは2019年3月に公務員を退職し、今はフリーで活動しています。

 

2017年4月に入庁したので、勤続年数は2年です。

 

ぼく自身、公務員を辞めて後悔したことはありませんし、軽い気持ちで公務員の退職を決断したわけでもありません。

 

ただぼくと同じように、早い段階で公務員を辞めたいと考えているならば、辞める決断をする前に考えてほしいことがあります。

 

公務員を辞める決断をする前に考えてほしいこと

『公務員を辞めたい』と考えることは決して特別なことではありません。

 

ほとんどの人が、一度は『公務員を辞めたい』と考えたことがあると思います。

 

ただ、公務員を辞めたいなんて口にすると、

  • 公務員は恵まれているのに、辞めたいとはどういうことだ!
  • みんな辛い思いして頑張っているのに、お前だけ辞めるのは許さない!

なんて言われるかもしれませんよね。

 

ぼくが公務員を辞めるということを周りに話したときは、ここまで極端ではありませんが、それなりにきついことを言われましたよ。

 

仕事や人間関係が辛いのであれば我慢する必要はありませんが、辞める決断をする前に考えてほしいことがあります。

 

ぼくの経験をふまえてお話していきますね。



仕事や人間関係が辛かったら辞めていい

自分が辛いのを我慢してまで、仕事を続ける必要はありません。

 

何よりも大事なのは、自分の心と体。

 

仕事や人間関係が辛いのに、自分を犠牲にしてずっと同じ場所に居続ける必要はないのです。

 

ぼくが公務員を辞めた理由の一つに、人間関係の辛さがありました。

 

直接的に被害をこうむったわけではありませんが、上司同士のいがみ合いや、陰口、他人に無関心なところなど、毎日その場にいるだけで疲れてしまったのです。

 

仕事に行きたくなさすぎて、夜眠れなかったり毎朝吐き気に襲われたりしていましたよ。

 

ぼく自身、公務員を辞めて良かったことはメンタルが安定したことです。

 

人間関係のストレスから解放されたので、毎日穏やかな気持ちで生活することができていますよ。

 

公務員を辞めて良かったこと

公務員を辞めてよかったこと【メンタルが安定するようになった】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

ただし、即断はしない方がいい

仕事や人間関係が辛かったら、20代のうちに公務員を辞める決断をすべきです。

 

ただし、『辛い→辞める』という即断はやめましょう。

 

公務員を辞めたい人
公務員を辞めたい人
辛いことを我慢してまで同じ場所に居続ける必要はないって言ったよね?

 

仕事や人間関係が辛いと感じることは、自分の気持ちに素直になっている証なので大切にしてほしいです。

 

ただ、仕事や人間関係が辛いせいで、感情的になっていたり、周りのことが見えていなかったりするかもしれません。

 

したがって、辛いと感じる素直な気持ちを大切にしたうえで、なぜ辛いと感じるのか、辞めても大丈夫なのか、辞めた後の生活をどうするのかというように、自分と向き合ってみてください。

 

自分と向き合い気持ちを落ち着かせたうえで、改めて、辞める決断をするかどうか判断しましょう。

  • 退職の即断はしない
  • 自分と向き合い、気持ちを落ち着かせてから判断する

 

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由
公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由【ぼくは26歳で退職しました】 公務員を辞めるかどうかで悩んでおり、日々悶々としながら過ごしているのであれば、20代のうちに辞める決断をすべきで...


最終的に決断するのは自分自身

公務員を辞めるかどうか、最終的に決断するのは自分自身です。

 

自分と向き合っても結論が出ない、やっぱり辞めた後の生活が不安だ、などという気持ちから、誰かに相談したくなると思います。

 

個人的には、公務員を辞める相談をするのはおすすめしません。

 

なぜなら、誰も自分自身の人生の責任を取ってくれないから。

 

公務員を辞めるにしても辞めないにしても、自分の人生は自分のものなのです。だれも責任はとってくれません。

 

最終的に決断するのは自分自身です。自分とよく向き合って、自分で結論を出しましょう。

 

公務員を辞める相談を親にすべきでない理由

公務員を辞めるかどうかの相談を親にすべきではない理由3つ
公務員を辞める相談を親にすべきではない理由3つ【自分の人生を決めるのは自分】 どうも、元公務員ブロガーのロコ(@loco_14free)です。 この記事では、公務員を辞めるかどうか迷っている方...

ただし、ある程度の見通しを立ててから決断する

公務員を辞めたあとの生活をどうするのか、ある程度の見通しを立ててから辞める決断をしましょう。

 

貯金はどのくらいあるのか、何かやりたいことがあるのか、それとも民間企業に転職するのか、などなど。

 

公務員の仕事の特性上、何もスキルを必要としませんよね。

 

公務員を辞めるということは、スキルも何も持っていない状態で世の中に放たれるということなのです。

 

何もない状態で辞めるのはかなりリスクが高いので、ある程度の見通しを立てておくことをおすすめします。

 

ぼくが公務員を辞めても大丈夫だった理由3つ

公務員を辞めても大丈夫だった理由
ぼくが公務員を辞めても大丈夫だった理由3つ どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年勤めた地方公務員を退職し、今はフリーランスとしてブログを運営しています。...

辞める決断は慎重に

公務員を辞める決断は、自分と向き合ったうえで慎重に行いましょう。

 

即断はNGです。

 

公務員試験の勉強、苦労しましたよね。

 

周りが就活を始めるより早い時期から試験勉強を始め、周りが内定をもらって喜んでいるときには面接対策をしていましたね。

 

公務員になるのは、けっこう大変です。

 

公務員試験の対策をしていたときの苦労も含め、辞めたい理由や辞めた後の生活など、すべてを考慮し、気持ちの整理と将来の見通しを立ててから辞める決断をしてください。



ただし、公務員を辞めることは大したことではない

公務員を辞める決断は慎重にしてほしいのですが、公務員を辞めることは大したことではありません。

 

民間企業では転職が当たり前の時代になってきており、優秀な人材ほど職を転々としているイメージではありませんか?

 

『公務員だから定年まで働かなければならない』『公務員は一生安定だ』なんてことはひと昔前の話なんです。

 

公務員だって、次へ次へと進んでいいのです。

 

繰り返しますが、自分の人生を決めるのは自分であり、誰も責任を取ってくれません。

 

公務員を辞めるかどうか最終的に決断するのは自分自身です。

 

公務員を辞めることは大したことではないということを、覚えておいていただければなと思います。

 

公務員の終身雇用制度は安定なのか

公務員の終身雇用制度は安定ではない
公務員の終身雇用は安定なのか【いつ限界を迎えるかわからない】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 トヨタ社長の『終身雇用を守っていくのは難しい』発言が話題になりましたね。 ...


公務員を辞める決断をする前に考えてほしいこと|まとめ

この記事では、公務員を辞める決断をする前に考えてほしいことについて書きました。

  • 仕事や人間関係が辛いならば、辞めていい
  • 最終的に決断するのは自分自身
  • 退職の決断は慎重に

 

この3つは、退職の決断をする前に考えてほしいと思います。

 

ぼく自身、2年で公務員を辞めたからといって、「みんなも今すぐ公務員を辞めよう!」なんてことは言いません。

 

あくまで退職の即断はせず、将来の見通しを立ててから決断してください。

 

ただ、公務員を辞めることは大したことではないということも、同時に覚えておいていただければ幸いです。

 

公務員を辞めたいという考えは甘えなの?

公務員を辞めたいという考えは甘えなの?
公務員を辞めたいという考えは甘いの?【ぼくは2年で退職しました】 どうも、元公務員ブロガーのロコ(@loco_14free)です。 この記事では、公務員を辞めたいと考えているあなた...

 

ぼくが公務員に向いていないなと感じたとき

【体験談】2年間の公務員として働いて『公務員に向いてないな』と感じたとき どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

 

公務員を辞めることを伝えるタイミングはいつ?

公務員を辞めることを伝えるタイミングはいつ?
公務員を辞めたい。退職を伝えるタイミングはいつ? どうも、元公務員ブロガーのロコ(@loco_14free)です。 この記事では、公務員を辞めることを伝えるタイミン...

 

公務員ランキング

ABOUT ME
ロコ
元公務員のロコです。公務員関係のほか、スポーツやおすすめ動画、生活に役立ちそうなことをなどを書いています。