退職前のメンタル

公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき理由【2年目で辞めた体験談】

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由

 

20代公務員
20代公務員
公務員の仕事が自分に合わず日々悶々としている…

公務員辞めたいけど本当に辞めてもいいのかないいのかな…

 

公務員を辞めるかどうかで悩んでおり、日々悶々としながら過ごしているのであれば20代のうちに辞める決断をすべきです。

20代のうちならいくらでもやり直しができます。しかし30代で公務員から転職する場合はスキルや知識的に厳しさが増すのです。

 

この記事では、公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき理由を2年目で辞めたぼくの経験をもとに紹介します。

 

何かを始めるのに年齢は関係ないといわれますが、20代という若さは大きな武器であることは間違いありません。

 

手遅れになる前に行動を起こしましょう。

公務員からの転職におすすめのサイト

リクナビNEXT:みんなが使ってる大手転職サイト

dodaハチャメログ:不安な気持ちを転職のプロに相談

ハタラクティブ:未経験OK求人多数あり

» 公務員がとりあえず転職サイトに登録しておくことの重要性

 

公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき3つの理由

公務員を辞める決断は20代のうちにすべきです。

 

その理由は次の3つ。

  • 20代は人生の中でもっとも貴重な時間だから
  • 公務員にとって転職は厳しいものになるから
  • 年を重ねるほど決断しにくくなるから

 

20代は人生の中でもっとも貴重な時間だから

公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき理由

 

何かを始めるのに年齢は関係ないといわれますが若いに越したことはありません

 

体力的にも精神的にもフレッシュな20代は人生の中でもっとも貴重な時間です。

 

幅広く挑戦できるだけでなく失敗してもやり直しがききます。

30代、40代での失敗はキツい。やり直しがきかないかも。

 

あなたが民間企業で公務員の応募者を判断する立場だとしたら、20代と40代の人どちらを採用しますか?

同じ『公務員』なら30代や40代より20代を採用するはず

 

退職後のことを考えると辞める決断は早いに越したことはないのです。

 

公務員にとって転職は厳しいものになるから

公務員は特別なスキルを必要とする職業ではありません

 

公務員になるため必要な資格もなし。公務員試験に合格すれば誰でも公務員になることができますね。

公務員は専門的なスキルを持ち合わせていない場合が多い

 

公務員の仕事もほとんどの部署では自分たちから営業をかけることはなく、基本的に受け身ですよね。

 

残念ながら、公務員は世間から『仕事では使えない』と色眼鏡をかけてみられています

スキルを持たない30代や40代が転職市場に参入するのは厳しすぎる

 

もし20代なら『公務員慣れ』していないのでいくらでも再スタートを切ることができるはずです。

 

公務員が民間企業へ転職する時点で不利なので、できるだけ早いうちに行動を起こすべきなのです。

 

年齢を重ねるほど決断を下しにくくなるから

30代、40代になってから辞めようとすると退職後の選択肢が狭まります

 

家族がいる場合だと思い切った決断を下しにくくなりますね。

年齢を重ねると保守的になりがち

 

辞めたいと思っていた気持ちも冷めてしまい、不満を抱きつつも『しょうがないよな…』現実から目を背けてしまうのです。

 

30代になって『あのとき辞めていたら』と後悔しても手遅れ。失った時間は二度と戻ってきません

 

失敗したらどうしようと考えるより、公務員を辞めて正解!と胸を張ればいいのです。

\公務員からの転職におすすめ/

リクナビNEXT:みんなが使ってる大手転職サイト

dodaハチャメログ:不安な気持ちを転職のプロに相談

ハタラクティブ:未経験OK求人多数あり

 

公務員の仕事が合わないと感じる理由

ぼくが公務員として2年間働いて感じたのは『公務員の仕事は自分に合わない』ということでした。

 

理由は次の2つ。

  • 公務員の仕事にやりがいがないから
  • 公務員の体質が古いから

 

公務員の仕事にやりがいがないから

公務員を辞めたいなら20代のうちに決断すべき理由

 

公務員の仕事は覚えれば誰でもできる内容ばかりです。

 

業務量は多いものの業務内容自体は難しくありません。

覚えれば誰でもできるということはいくらでも代えが利くということ

 

公務員の仕事に不満を抱えている方の多くは、誰でもできる仕事を自分がやることに疑問を感じているからです。

  • ある程度裁量権がある仕事がしたい
  • 自分の実力を認められたい
  • 想像力豊かに新しいものを取り入れたい

 

仕事にやりがいを見出したいタイプの人は、公務員の仕事が合わない・つまらないと感じるはずです。

 

ぼくの経験談

ぼくが配属された部署は教育委員会でした。

 

新規採用職員は所属部署としての業務はもちろん、公務員としての仕事のやり方も社会人としてのルールも何も分かりません。

 

それにもかかわらず、くが入庁した1年目も仕事は回っていました。

 

もちろん、ぼくが優秀だから仕事が回ったわけではなく先輩や上司が多大なフォローをしてくださったおかげです。

 

業務内容が難しくなかったからかもしれませんが、たった1人の新人のせいで公務員の仕事が止まることなんてありえないですよね。

 

新規採用職員だろうがなんだろうが、公務員の仕事は覚えれば誰にでもできるという証です。

 

実際、3年に一度の人事異動があっても機能が停止する部署なんてないじゃないですか。

 

公務員の業務は本質が同じなのです。

 

誰でもできる仕事にやりがいを見つけることは難しいので、公務員の仕事が合わないと感じる場合が多いのです。

» 公務員の仕事にやりがいを感じられない理由

 

公務員の体質が古いから

公務員の体質は驚くほど古いままです。

  • ハンコ絶対主義
  • 前年踏襲・年功序列
  • 紙ベースの書類
  • 鳴りやまない電話

 

公務員人生で一番衝撃を受けたのは、「メールを送ったので確認してください。」という電話が来たとき。

 

メールは必ず確認するものなのに、なぜ電話で報告する必要があるのでしょうか。

 

上司とのコミュニケーションもめんどうくさいですね。

上司から言われてうんざりした言葉

「新人なんだから生き生きしろ」

 

「飲み会は若手が盛り上げてくれないと」

 

「まずは筋を通そうぜ」

 

時代にそぐわない公務員の体質も合わないと感じる要因の1つであることは間違いありません。

» ぼくが公務員に向いて以内と感じた3つのタイミング

 

公務員を辞めたいという考えは甘いのか

公務員を辞めたいという考えは甘い考えではありません

 

むしろ固定観念にとらわれず新しい挑戦をする勇気ある思考だと思います。

 

ぼくが周りに「公務員を辞める」と伝えたときはいろいろ言われました。

  • 公務員を辞めたいなんて甘い
  • 考え直した方がいい・もったいない
  • 公務員を辞めるなって考えられない

 

公務員だから定年まで働く必要はなく、やりたいことがあるなら転職するなどチャレンジすべきです。

公務員だからといって辞めてはいけない決まりはない

 

たしかに公務員は福利厚生が充実しておりクビになることがありませんよね。

 

職業としての安定感や待遇面の良さで公務員の右に出る者はいないでしょう。

 

だからといって、辞めたいという考えを『甘い』と言われる筋合いもありません

ロコ
ロコ
公務員も転職が当たり前の時代。辞めてはいけない理由はないぞ。

 

20代は人生の中でもっとも貴重な時間です。

 

周りの言葉なんか気にせず前向きにチャレンジしましょう。

» 公務員を辞めてはいけない決まりはない

 

公務員の辞め方と辞めるときの注意点

公務員を辞める決断をしたら所属課長に「辞めたい」とハッキリ伝えるだけです。

  • 公務員を辞めて転職したい
  • 新しいことにチャレンジしたい

 

退職を伝えるタイミングは年度末か年度途中かによって変わってきます。

» 公務員は年度途中の退職もOK?

 

ぼくは毎年5月に実施される上期業績評価面談で所属課長に、翌年3月の内示で係内に伝えたうえで年度末に退職しました。

 

次年度新規採用職員の人数にも影響を与えるので、退職を伝える時期は早い方がいいです。

円満退職するためにも退職はできるだけ早めに申し出よう

 

辞めるときは必ず退職理由を聞かれます。

 

書類上は『一身上の都合により』で問題ありませんが対面で伝えるときはあらかじめ回答を準備しておくべきです。

» 公務員の退職理由の伝え方

 

公務員を辞めることを勧めているわけではない

ぼくは決して『今すぐ退職しよう!』なんて無責任なことは言いません

 

退職を勧めるつもりは一切なし

 

公務員の待遇は最強ですよね。

  • 福利厚生が充実
  • 身分が保証されている
  • 毎年2回ボーナス
  • 給料の未払いなんてありえない
  • 完全週休二日制
  • GW休暇、年末年始休暇、夏季休暇 etc

 

こんなに恵まれた職業はどこを探しても見当たりません。

 

退職の決断は早いに越したことはありませんが、じっくり考えてから決断してください

ぼくは公務員の退職を決めるまで1か月くらい考えた
  • 辞めてもいいのか
  • 退職後はちゃんとやっていけるのか
  • いつまでにいくら稼げるようになるのか

 

人生で一番頭を使ったと思います。

 

当時のぼくの能力で可能な限り情報を集めました。

 

事前準備をしたうえで辞める決断をしました。

 

決して「公務員嫌だ!合わない!辞める!」と勢いだけで退職を決めたわけではありません。

 

一度辞めたらもう戻ることはできません。

 

退職の決断は20代のうちにすべきですが、勢いに任せず慎重に行いましょう。

\公務員からの転職におすすめ/

リクナビNEXT:みんなが使ってる大手転職サイト

dodaハチャメログ:不安な気持ちを転職のプロに相談

ハタラクティブ:未経験OK求人多数あり

 

辞めたいなら20代のうちに決断して悔いのない人生を送りたい

この記事では、公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由【ぼくは26歳で退職】について書きました。

 

公務員を辞めたいなら失敗してもやり直しがきく20代のうちに決断すべきです。

20代は人生の中でもっとも貴重な時間

 

30代、40代と年齢を重ねるごとに決断が鈍り、現実から目を背けてしまいます。

 

失われた時間は二度と戻ってきません

ロコ
ロコ
辞めるかどうか悶々としている時間がもったいない。

 

ぼくは安易に退職を勧める気はありません。

 

でも、勢いと運まかせは絶対だめ。慎重な決断を。

» 公務員がとりあえず転職サイトに登録しておくことの重要性

 

ABOUT ME
ロコ
新卒で公務員になりましたが向いていないので2年で退職。現在はフリーランスとして活動しています。公務員退職前のメンタルや公務員退職の流れ、2年間勤めて感じた公務員のリアルをお伝えします。