公務員

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由【ぼくは26歳で退職しました】

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由

 

20代の公務員
20代の公務員

20代の公務員です。

公務員の仕事が自分に合わず、日々悶々としています。

辞めたいなと思うんですけど、なかなか辞める決断ができません…。

 

公務員を辞めるかどうかで悩んでおり、日々悶々としながら過ごしているのであれば、20代のうちに辞める決断をすべきです。

 

この記事を書いているぼくは、26歳で公務員を退職しました。

 

大学院を修了してから新規採用職員となりましたので、勤続年数2年での退職でした。

 

この記事では、ぼくの実体験をふまえながら公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由』についてお話ししたいと思います。

 

 

公務員を辞めるなら20代がいい理由

公務員を辞めるなら20代がいい理由

 

公務員を辞めるなら早い方が良くて、20代であればなお良しです。

 

20代であれば、いくらでも再スタートを切ることができますからね。

 

30代、40代になってから辞めようとすると、辞めた後の選択肢が狭まりますし、気持ち的に思い切った決断をしにくくなると思います。

 

したがって、公務員を退職した後に何をするかを問わず、辞める決断をするなら20代のうちにすべきです。



現状に不満がある→その不満を一生抱えることになる

公務員の仕事に日々悶々としているということは、現状になんとなく不満があるということですよね。

 

悲しいですが、その不満は一生抱えることになると思います。

 

不満を抱えながら仕事を続け、定年を迎えてから後悔するのは人生がもったいなさすぎます。

 

一度抱えた不満は、一生抱えることになる

 

公務員の仕事に不満を抱えている人の思考

大きく2つに分けられます。

  • なんとなく不満だけど、しかたなく仕事を続けるか…
  • なんとなく不満だから、辞めて新しいことにチャレンジしようかな…

 

なんとなく不満があり辞めることを考えているのであれば、すぐ行動に移した方がいいです。

 

その不満がストレスになり、日常生活やプライベートをむしばんでくる危険性があります。

 

ぼく自身、公務員の仕事にはかなり不満を抱えていました。

 

次の日仕事に行くのが嫌すぎて夜眠れなくなったり、通勤中は毎朝吐き気がしたりと、ストレスが体に表れていましたね。

 

不満がストレスになる


20代のうちに辞めれば、その後の選択肢が広がる

何かを始めるのに年齢は関係ないといわれますが、若いに越したことはないと思います。

 

公務員の仕事に不満があり、日々悶々としている時間が非常にもったいないです。

 

若さは財産であり、失った時間は戻ってきません。

 

たしかに、公務員を辞めるという決断は大きいもので、なかなか踏み込めない気持ちもわかります。

 

しかし、30代、40代になってからの決断では、辞めた後の選択肢が狭まってしまいませんか?

 

家族がいればなおさら辞めにくくなるでしょう。

 

繰り返しますが、失った時間は戻ってきません。

 

辞める決断は、早いに越したことはないのです。

 

公務員の仕事が合わないと感じるのはなぜか

公務員の仕事が合わないと感じるのはなぜか

 

公務員として2年間働いて感じたのは、「公務員の仕事はつまらなくて疲れるなあ」でした。

 

その大きな理由は、公務員の仕事は覚えれば誰でもできるもので、公務員の体質が驚くほど古いからです。

 

  • 公務員の仕事は、覚えれば誰でもできてしまう
  • 公務員の体質が、驚くほど古い

 

公務員の仕事は誰でもできる

はっきり言って、公務員の仕事は覚えれば誰でもできます。

 

覚えれば誰でもできるということは、いくらでも替えが利くということ。

 

公務員の仕事に不満を抱えている方の多くは、誰でもできる仕事を自分がやることに疑問を感じているからだと思います。

 

ぼくが配属された部署は教育委員会でした。

 

新規採用職員は、所属部署としての業務はもとより、公務員としての仕事のやり方や社会人としてのルールさえも分かりません。

 

それにもかかわらず、ぼくが入庁した1年目も仕事は回っていました。



もちろん、ぼくが優秀だから仕事が回ったわけではなく、先輩や上司が多大なフォローをしてくださったおかげです。

 

それでも、半年もたてば一人で仕事をできるようになりました。

 

新規採用職員だろうがなんだろうが、公務員の仕事は覚えれば誰にでもできるのです。

 

誰にでもできる仕事に魅力は感じないので、公務員を退職するという決断につながりました。

 

公務員の体質が古い

公務員の体質が古すぎて、時代が止まっているかと思いました。

 

体質が古いので、公務員の仕組みや上司とのコミュニケーションに疲弊させられます。

 

ハンコ絶対主義、思考停止した前年踏襲、データ化できず増えていくだけの書類、鳴りやまない電話などなど。



年配上司とのコミュニケーションはかなり疲弊しますね。

 

「新人なんだから生き生きとしろ」、「若手なんだから飲み会に参加すべき」などなど。

 

とにかく体質が古いので、その場にいるだけで疲弊してしまいます。

 

ぼくは公務員に向いてないな、と感じたことは、みなさんと共通点があるかもしれません。

 

【実体験】ぼくが公務員に向いていないなと感じたとき

【体験談】2年間の公務員として働いて『公務員に向いてないな』と感じたとき どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

 

公務員を辞めたところで大きな問題はない

公務員を辞めたところで大きな問題はない

 

ここまで、公務員を辞めるなら早い方がいいとお話してきましたが、「公務員を辞めても大丈夫なの??」と不安になりますよね。

 

結論を言うと、公務員を辞めてもまったく問題ありません。

 

公務員を辞めることは悪いことではないですし、誰かからとがめられるわけでもありません。

参考として、ぼくが公務員を退職したときの手続きや流れをまとめてみました。

 

公務員を退職するときの手続きや流れ

公務員を退職するときの流れ【ぼくは2年で公務員を退職しました】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年勤めた地方公務員を退職し、今はフリーランスとして生活しています。 ...

 

公務員を辞めた後の見通しを立てる

公務員を辞めた後の見通しを立てる

 

いざ公務員を辞める決断をしても、その後の見通しがない状態で辞めるのは避けたいところ。

 

公務員を辞める決断をしたら、実際に辞めた後どうするか、あらかじめ見通しを立てておくと精神的に安定します。

 

公務員の未来を見据えて、スキルを身につけておく

公務員の未来はどうなるの?【今のうちからスキルを身につけて備えておきましょう】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 トヨタ社長の「終身雇用は限界を迎えている」発言に端を発し、安定した仕事につい...

 

自分はどうのように生きたいか考えてみる

公務員の仕事が自分に合わず、辞める決断をしたら、これから自分はどにように生きたいか考えてみましょう。

 

大学で学んだ知識を生かして専門職に就きたいのか、何にも縛られず自由に生きたいのか、民間企業に転職したいのか、などなど。

 

ぼくの場合、自分の人生を自由に生きたかったので、フリーランスになることにしました。

 

自分はどのように生きたいか、本気で考えてみてください。

本当は何をやりたいのか、みえてきます。

 



悔いのない人生を送りたい

この記事では、公務員を辞めるなら20代のうちに決断すべき理由について書きました。

 

ぼくは自身、ずっと公務員を続けていたら、30歳とか40歳になったとき後悔するだろうなあと思い、26歳で辞める決断をしました。

 

公務員を辞めて後悔していることは一つもありません。今を楽しく生きられています。

 

公務員の仕事に不満を抱えているなら今すぐ辞めるべきだ!なんて無責任なことは言いません。

 

もし公務員を辞めるかどうかで迷っている方のお役に、少しでも立てたのなら幸いです。

 

公務員を辞めてよかったこと

公務員を辞めてよかったこと【メンタルが安定するようになった】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

 

ぼくが公務員を辞めても大丈夫だった理由

公務員を辞めても大丈夫だった理由
ぼくが公務員を辞めても大丈夫だった理由3つ どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年勤めた地方公務員を退職し、今はフリーランスとしてブログを運営しています。...

 

ABOUT ME
ロコ
元公務員のロコです。公務員関係のほか、スポーツやおすすめ動画、生活に役立ちそうなことをなどを書いています。