退職の流れ

公務員は年度途中の退職も可能?伝えるタイミングはいつがいい?

公務員は年度途中の退職でもOK?

 

公務員辞めたい人
公務員辞めたい人
公務員は年度途中でも退職できるのかな。

退職を伝えるタイミングはいつがいいんだろう。

 

ぼく(@loco_14free)は新卒で公務員になりましたが26歳のときに退職しました。

 

公務員と言えば終身雇用が当たり前で『採用から定年までずっと働き続けるもの』という風潮が強いですよね。

 

もし退職を考えていたとしても、「退職の申し出はいつまですればいいのですか…?」なんて相談できないのが現状です。

 

そこで当記事では、ぼくの経験をもとに退職を伝えるタイミングや退職の理由を聞かれたときの対処法を解説します。

この記事の概要
  • 年度途中で退職する場合に伝えるタイミング
  • 年度末で退職する場合に伝えるタイミング
  • 退職の理由を聞かれたときの答え方
  • 退職の流れや必要な手続き

 

公務員退職を決意した方、退職することを考えている方はぜひ最後までチェックしてみてください。

 

下記リンクをタップすると読みたいところへスキップできます。

» 年度途中で退職する場合

» 年度末に退職する場合

 

公務員を退職することを伝えるタイミングはいつがいい?

公務員を退職することを伝えるタイミングは退職する時期によって異なります

 

なぜなら次年度の新採職員の採用人数や人事異動の兼ね合いがあるから。

 

退職する時期別に退職を申し出るおすすめのタイミングをみていきましょう。

 

» 年度途中で退職する場合

» 年度末に退職する場合

※リンクをタップすると、該当箇所にスキップします。

 

年度途中で退職する場合

退職する時期が明確に決まっているのであれば遅くとも退職する1か月前までに申し出ましょう

 

ただし、1か月前とはいうものの内部事情を考えるとできるだけ早めに申し出てください。

業務分担や欠員補充などしなければならないので早いに越したことはない

 

退職の理由が『新しいことに挑戦するための転職』のような場合、年度途中の退職はおすすめしません。

 

なぜなら残された人たちがかなり大変な思いをするから

年度途中の自己都合退職は周りに与える影響が大きい

 

やむを得ない事情がある場合はしょうがないのですが、個人的に年度途中の退職はあまりおすすめできません…。

職場の同僚の話

ぼくが所属していた部署に、ある日ぱったり仕事に来なくなった人がいました(理由は不明)

 

係内は大慌てでした。

 

単純に1人分の業務量を残された人たちで分担しなければいけないので毎日残業していましたよ。

 

ぱったり来なくなった理由が分からないので何とも言えませんが、1人いなくなるだけでも残された人はかなり大変な思いをします

 

残された人たちが大変だから辞めるなというわけではないのですが…

 

退職はできるだけ早めに申し出た方が誰も嫌な思いをしなくて済むということだけ頭の片隅に入れておいてください。

 

年度末に退職する場合

上期の業績評価面談(5, 6月)もしくは人事異動に関する面談(11, 12月)のときに伝えるのがおすすめです。

 

公務員が1人辞めるというのは人事異動や次年度の新採職員の採用人数に影響を与えます。

 

内部の調整があるので上期の業績評価面談時に伝えて年度末に退職する流れスマートです。

 

ちなみにぼくは2段構えで退職を伝えました。

 

なんとなく退職することを直接口で言うことに抵抗がありました。

 

人事異動に関する面談って希望先とか現在の仕事の状況などを記入する用紙がありますよね。

ロコ
ロコ
その用紙に退職したい旨をそれとなく書いたよ。

 

で、課長から話を振ってもらって理由を説明しました。

ちょっとセコイ気もしますが目をつむってください

 

退職の時期によって申し出るタイミングは微妙に違いますが大事なのはできるだけ早く伝えること

 

円満退職するためにも退職の意向は毅然とした態度で早めに伝えましょう。

 

退職の理由はどうすればいい?

退職の理由は必ず聞かれるのでしっかり準備しておきたいところ。

 

とはいっても難しく考える必要はなく、すべて正直に話す必要もありません。

 

『やってみたい仕事があるから』という理由で十分です。

 

「他にやりたい仕事って何?」「転職先は決まってるの?」など突っ込んだ質問もされますがすべて答える必要はありません

濁した回答でもOK

 

上の世代はやたら理由を聞きたがりますし、何かにつけて引き止めようとしたりする場合があります。

 

どんなことを言われようと退職の意思は固いということをはっきり伝えましょう

 

ぼくも最初こそいろいろ言われましたが、最終的には『身体に気を付けてがんばれよ』と励ましてもらえました。

ロコ
ロコ
上の世代から何か言われるほんとに辞めてもいいのかな…?と思うかもしれません。

 

何か言われるのは最初だけ。

 

退職を申し出た最初のタイミングを乗り切れば解放されます。

辛いですが少しだけ我慢してください。がんばりましょう。

 

退職の理由で気を付けたいこと

1つだけ注意したいことがあります。

 

退職の理由を伝えるとき『公務員に向いていないから』というようなネガティブワードを含む理由は避けてください

ただし、仕事や人間関係が辛く休職の経験をされたり職場に行けなくなったりした人はその理由をストレートに伝えた方がいいです。

 

ネガティブな退職理由は引き止められる原因になります。

  • 今の職場が合わないなら異動に融通を利かせるよ
  • 慣れれば楽しくなるよ

 

 

一方で前向きな理由だと、素直に「頑張れ」と応援してくれるものです。

 

退職の理由は前向きな理由を伝えたいところ。

 

『公務員に向いていないから』が本音だとしても『やりたいことがある、チャレンジしたいことがある』と前向きに伝えてください

» 公務員を辞めても大丈夫だった理由

退職の流れや手続き

公務員を退職するときの大まかな流れです。

  1. 事前に所属課長へ伝える
  2. 課長から人事課へ伝わる
  3. 退職願を書く
  4. 係内に報告する
  5. 業務の引継ぎをする

 

実際にぼくが行ったことをもとに詳しく説明していきます。

 

事前に所属課長へ伝える

まずは事前に課長へ退職する旨を伝えます。

ぼくは上期の業績評価面談で直接課長に伝えましたが、課長補佐や係長などへ先に伝えてもOK

 

直接課長に言い辛いならまずはあなたが話しやすい上司に伝えましょう。

 

課長から人事課へ伝わる

課長が人事課に退職したい職員がいるという話をしてくださいました。

ぼく自身が人事課から呼び出されて話を聞かれるということはなかった

 

人事課とやりとりをして退職の手続きを進めてくださったのは課内の人事担当者です。

人事課から直接呼ばれなかったのはぼくが教育委員会へ出向していたからだと思います。

知事部局の所属であれば人事課と直接やりとりすることになるかもしれません。

 

退職願を書く

退職願というフォーマットがあります。

 

これはぼくが提出した退職願の写しです。

公務員は年度途中の退職も可能?伝えるタイミングはいつがいい?

※画像の無断転載を禁止します

 

退職願は形式的なものなので身構えなくて大丈夫です。

退職願も直接人事課に提出せず課内の人事担当者を経由して提出してもらいました。

知事部局に所属している場合は人事課に直接提出することになるかもしれません。

» 公務員の退職願の書き方と書くときの注意点

 

係内に報告する

係内に報告したのは人事異動の発表直前(3月下旬)です。

課長と相談し、あまり早い時期に報告すると変な目で見られるかもしれないということで人事異動の発表直前に報告

 

係内にいつ伝えるかは課長や直属の上司と相談してください。

 

業務の引継ぎをする

業務の引継ぎを行ったのは3月最後の週でした。

 

係内に報告したのが人事異動の直前だったこと、人事異動内示後に次年度の業務分担が発表されたことから年度末ぎりぎりになってしまいました。

 

引き継ぎが年度内に終わらなかった分は新年度が始まってからメールや電話でやり取りしたこともあります。

 

ただし、ぼくがフリーランスになったからできたことであって民間企業へ転職する方は退職後の引き継ぎは難しいでしょう。

 

できるだけ退職前にすべての引き継ぎを終わらせたいところです。

» 公務員退職後の業務連絡はどこまで対応しなければならい?



年度途中に退職するなら早めに申し出よう

この記事では、公務員を辞める申し出をするタイミングや退職の理由について書きました。

 

退職の時期がいつにしろ円満退職するためにもできるだけ早く退職を申し出ましょう

 

退職の理由を聞かれたり公務員を辞めるなんてもったいない言われたりしますが、少しだけ我慢してください。

 

何か言われるのは退職を申し出た最初のタイミングだけです。

 

毅然とした態度を貫き前向きな退職理由を述べましょう。

 

そうすれば間違いなく応援してもらえます。

 

ABOUT ME
ロコ
新卒で公務員になりましたが向いていないので2年で退職。現在はフリーランスとして活動しています。公務員退職前のメンタルや公務員退職の流れ、2年間勤めて感じた公務員のリアルをお伝えします。