公務員の転職・退職

公務員は年度途中の退職も可能?伝えるタイミングはいつがいい?

公務員を退職することを申し出るタイミングはいつ?

 

公務員は年度途中でも退職できるのかな。

退職を伝えるタイミングはいつがいいんだろう。

 

ぼくは新卒で公務員になりましたが、26歳で退職しました。

 

公務員と言えば終身雇用で、『採用から定年までずっと働き続けるもの』という風潮が強いですよね。

 

自分より少し年上の先輩に「退職の申し出はいつまですればいいのですか…?」なんて相談しようにもできないのが現状。

 

そこで当記事では、ぼく(@loco_14free)の経験をもとに、退職を伝えるタイミングや、退職の理由を聞かれた場合の対処法などを解説していきます。

 

公務員を退職することを伝えるタイミングはいつがいい?

公務員を退職することを伝えるタイミングはいつ?

 

公務員を退職することを伝えるタイミングは、退職する時期によって変わってきます

 

なぜなら、次年度の新採職員の採用人数や人事異動の兼ね合いもあるから。

 

退職する時期別に、退職を申し出るおすすめのタイミングを解説していきます。

※リンクをクリックすると、該当箇所にスキップします。

 

年度途中で退職する場合

退職する時期が明確に決まっているのであれば、遅くとも退職する1か月前までには申し出ましょう。

 

ただ、ぼくのように退職の理由が『新しいことに挑戦するための転職』のような場合、年度途中の退職はおすすめしません。

※やむを得ない事情がある場合を除く

 

というのも、残された人たちがかなり大変な思いをするからです。

 

また、人事異動や次年度の新採職員の採用人数にも影響があります。

 

実話

ぼくが所属していた部署に、ある日ぱったり仕事に来なくなった人がいました(理由は不明)

 

係内はもう大慌てでしたよ。

 

単純に1人分の業務量を残された人たちで分担しなければいけないので、毎日残業していました。

 

ぱったり来なくなった理由が分からないので何とも言えませんが、1人いなくなるだけでも残された人はかなり大変な思いをします

残された人たちが大変だから辞めるな、というわけではなく…

 

退職はできるだけ早めに申し出た方が、誰も嫌な思いをしなくて済むのです。



年度末に退職する場合

上期の業績評価面談(5, 6月)もしくは人事異動に関する面談(11, 12月)のときに伝えるのがおすすめです。

 

先ほど述べましたが、公務員が1人辞めるというのは、人事異動や次年度の新採職員の採用人数にも影響が出てきます。

 

内部の調整があるので、『上期の業績評価面談時に伝えて年度末に退職する』がスマートかなと思います。

 

ちなみにぼくは2段構えで退職を伝えました。

 

なんとなく、退職することを直接口で言うことに抵抗がありました。

 

人事異動に関する面談って、希望先とか現在の仕事の状況などを記入する用紙がありますよね。

 

その用紙に、退職したい旨をそれとなく書いたんです。

 

で、課長から話を振ってもらって、理由を説明しました。

時間が経って振り返ってみると、ちょっとセコイ気もする

 

退職の時期によって申し出るタイミングは微妙に違いますが、大事なのはできるだけ早く伝えること

 

円満退職するためにも、退職の意向は毅然とした態度で、早めに伝えましょう。

 

退職の理由はどうすればいい?

公務員を退職することを伝えるタイミングはいつ?

 

退職の理由は必ず聞かれるのでしっかり準備しておきましょう。

 

とは言っても、難しく考える必要はなく、すべて正直に話す必要もありません。

 

やってみたい仕事ができたからという理由で十分です。

 

「他にやりたい仕事って何?」「転職先は決まってるの?」「具体的に何をするの?」などなど、突っ込んだ質問もされますが、すべて答える必要はありません

濁した回答でも大丈夫

 

上の世代はやたら理由を聞きたがりますし、何かにつけて引き止めようとしたりネチネチ言ってきたりする場合があります。

 

どんなことを言われようと、退職の意思は固いということをはっきり伝えてください。

 

ぼくの場合は、最初こそネチネチ言われましたけど『俺は退職するんだ』という毅然とした態度を貫きました。

 

その結果、最終的には『身体に気を付けてがんばれよ』と励ましてもらえるようになりましたよ。

ロコ
ロコ
上の世代から何か言われるとメンタル的にきつく、ほんとに辞めていいのかな…?と思うかもしれません。

 

これだけは覚えておいてください。ネチネチ言われるのは最初だけです。

 

退職の申し出をすると最初こそいろいろ言われますが、乗り切れば解放されます。

辛いですが少しだけ我慢してください。がんばりましょう。



退職の理由で気を付けたいこと

一つだけ注意したいことがあります。

 

退職の理由でを伝えるとき、『公務員に向いていないから』というようネガティブワードを含む理由は避けた方がいいです。

仕事や人間関係が辛く、休職の経験をされたり職場に行けなくなってしまったりした人は、その理由をストレートに伝えた方がいいです。

 

ぼくのように公務員が向いていない、もっと刺激的な人生を送りたいということ思っている人は、できるだけ前向きな理由にしましょう。

 

というのも、あの手この手で引き止めようとしてくるんですね。

 

「今の職場が合わないなら異動に融通を利かせるよ」とか「慣れれば楽しくなるよ」とか。

「新しい仕事にチャレンジしたい」という前向きな理由だと、素直に「頑張れ」と応援してくれるもの

 

『公務員に向いていないから』が一番の理由だとしても、『やりたいことがある、チャレンジしたいことがある』と前向きに伝えてください。

 

退職の流れや手続き

公務員を辞めるときの流れや手続き

 

公務員を退職するときの大まかな流れです。

  1. 事前に所属課長へ伝える
  2. 課長から人事課へ伝わる
  3. 退職願を書く
  4. 係内に報告する
  5. 業務の引継ぎをする

 

実際にぼくが行ったことをもとに、詳しく説明していきます。

 

①事前に所属課長へ伝える

まずは事前に、課長へ退職する旨を伝えます。

 

ぼくは上期の業績評価面談で直接課長に伝えましたが、課長補佐や係長など、割と権限のある上司へ先に伝えてもいいです。

 

直接課長に言い辛いなら、まずはあなたが話しやすい上司に伝えましょう。

 

②課長から人事課へ伝わる

課長が人事課に、退職したい職員がいるという話をしてくださいました。

 

ぼく自身が、人事課から呼び出されて話を聞かれるということはありませんでした。

 

人事課とやりとりをして、退職の手続きを進めてくださったのは、課内の人事担当者です。

人事課から直接呼ばれなかったのは、ぼくが出向していたからだと思います。

知事部局の所属であれば、人事課と直接やりとりすることになるかもしれません。

 

③退職願を書く

退職願というフォーマットがあります。

 

それに、退職の理由、氏名を書き、押印します。形式的なものなので、身構えなくて大丈夫です。

退職願も、直接人事課に提出せず課内の人事担当者を経由して提出してもらいました。

知事部局に所属している場合は、人事課に直接提出することになるかもしれません。

 

④係内に報告する

係内に報告したのは、人事異動の発表直前(3月下旬)です。

 

課長と相談し、あまり早い時期に報告すると変な目で見られるかもしれないということで、人事異動の発表直前に報告しました。

 

係内にいつ伝えるかは、課長や直属の上司と相談してください。

 

⑤業務の引継ぎをする

業務の引継ぎを行ったのは、3月最後の週でした。

 

係内に報告したのが人事異動の直前だったこと、人事異動内示後に次年度の業務分担が発表されたことから、年度末ぎりぎりになってしまいました。



まとめ

この記事では、公務員を辞める申し出をするタイミングについて書きました。

 

退職の時期がいつにしろ、円満退職するためにもできるだけ早く退職を申し出ましょう

 

退職の理由を聞かれたり、公務員を辞めるなんて…とネチネチ言われたりしますが、少しだけ我慢してください。

何か言われるのは最初だけ

 

そこを乗り切ればすべてから解放され、新たな道に進むことができます。

 

退職を決意されたあなたが円満に退職できるよう、当記事が参考になれば幸いです。

 

公務員を辞めてよかったこと

公務員を辞めてよかったことは人間関係に悩まされることがなくなったこと
公務員を辞めてよかったことは『人間関係に悩まされる』ことがなくなったこと どうも、元公務員のロコ(@loco_14free)です。 この記事では、公務員を辞めてよかったことについて書いてい...

 

\ご相談に乗ります/

 

  • 公務員を辞めたいけど、勇気が出ない…
  • 公務員を辞めたいけど、辞めた後が不安…

 

などなど、不安やお悩みごとがあれば、お問い合わせフォームもしくはツイッターのDMからご連絡ください。

 

僭越ながら、ぼくが皆さまのご相談に乗ります。

ロコ
ロコ
相談は無料です!

 

 お問い合わせフォームはこちら

 ツイッターはこちら