公務員

公務員を辞めたい20代が考えておくこと【辛かったら辞めていいんです】

公務員を辞めたい20代が考えるておくこと

 

どうも、元公務員ブロガーのロコです。

 

この記事は、公務員を辞めたい20代に向けて書いていきます。

 

仕事や人間関係が辛く公務員を辞めたいと思うけど、なかなか辞める勇気を出せない。

 

公務員を辞めるというのは勇気がいることですが、結論から言うと、公務員を辞めてもまったく問題はありません。

 

誰かにとがめられるわけでもないですし、もちろん悪いことでもありませんから。

 

そこで、公務員を辞めたいけどなかなか勇気が出ない20代の人たちに向けて、ぼくが2年で公務員を退職した経験をふまえながら、公務員を辞めたいときに考えることをお話していきたいと思います。

 

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

 

公務員を辞めたい20代へ。辛かったら辞めていいんですよ。

仕事や人間関係が辛いのを我慢してまで、今の場所に居続ける必要はありません。

 

今は大丈夫かもしれませんが、将来うつになるかもしれませんし、辛くて何もできない状態になる危険性をはらんでいるのです。

 

ぼく自身、辞める決断をしたのは公務員になり2年目の5月です。

 

公務員を辞める決断をする前は、次の日の仕事に行きたくなさすぎて毎晩眠るのが怖くなり、毎日寝不足でした。

 

起床後から通勤中は毎朝吐き気がし、執務室に入る前は心臓がばくばくしていましたよ。

 

さらに、休み明けに仕事が始まると思うと休日も思いっきり休むことができず、彼女や友だちと会ってもぜんぜん楽しめなかったのです。

 

このまま公務員を続けていたら、近いうちに必ずメンタルがやられると思いました。



もし辞めるかどうかで悩んでいるのであれば、20代である今、決断した方がいいです。

 

20代であれば、辞めた後の選択肢が広がりますし、いくらでもリスタートを切ることができますから。

 

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由

公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由
公務員を辞める決断は20代のうちにすべき理由【ぼくは26歳で退職しました】 公務員を辞めるかどうかで悩んでおり、日々悶々としながら過ごしているのであれば、20代のうちに辞める決断をすべきで...

 

ぼくは26歳で公務員を退職しました

ぼくは大学院を修了し、24歳のとき新規採用職員として公務員になりました。

 

26歳で退職したので、勤続年数は2年です。

 

ぼくが公務員を辞めた理由の一つに、『人間関係が辛かったから』というものがありまして。

 

新採で配属された部署は比較的規模が大きく、年間を通して忙しい部署だったんですね。

 

部署全体が忙しいので、常に殺伐とした雰囲気だったんですよ。

 

上司同士がいがみ合ったり、表面では笑ってるのに陰では舌打ちしたり。

 

ぼくが直接何かされたわけではなく、毎日ピリピリした空気の中にいることに耐えられなくなったんですね。



さらに、上司同士のいがみ合いなどの流れ弾が、いつ自分に飛んでくるか分からずびくびくしてました。ストレスでしたね。

 

公務員を辞めて一番良かったことは、メンタルが平和になったこと。

 

公務員として働いていたときは、常に殺伐とした空気の中にいたので、メンタルが穏やかではありませんでした。

 

仕事に行きたくなさすぎて毎晩眠れなくなり、寝不足で仕事をしてミスを連発するという悪循環に陥っていましたよ。

 

日曜日の夜は絶望的でしたね。

 

公務員を辞めた現在は、メンタルが平和になり、眠れない夜もなくなりました。

 

公務員を辞めてよかったこと

公務員を辞めてよかったこと【メンタルが安定するようになった】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

 

公務員には向き不向きがある

公務員に向いている人と向いていない人ははっきり分かれると実感しました。

 

ぼく自身、まったく公務員には向いていませんでした。

 

公務員に向いていないなと感じたとき

【体験談】2年間の公務員として働いて『公務員に向いてないな』と感じたとき どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年間勤めた公務員を退職し、2019年4月からフリーランスになりました。 ...

 

公務員の古い体質にも合わなかったですし、自分がやっている仕事の成果が目に見えないのは納得がいかなかったんです。

 

あなたが、仕事や人間関係を辛いと感じるのは、たまたまその職場が合わなかっただけで、公務員に向いていないだけだったのかもしれません。

 

つまり、あなたが感じている辛さは、あなたのせいではないのです。

 

なので、自分を責める必要はまったくないのですよ。

 

たまたま職場が合わなかった、公務員に向いていなかった。それだけです。

 

公務員に向いていない人の特徴は?

公務員に向いていない人の特徴を元公務員が分析した
公務員に向いていない人の特徴は?【元公務員が実体験をもとに分析】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 この記事では、公務員に向いていない人の特徴について書いていきます。 ...

 

公務員を辞める前に、将来の見通しを立てておくといいかも

もし公務員を辞める決断をした場合は、ある程度、将来の見通しを立てておくといいでしょう。

 

というのも、公務員の仕事は何のスキルも知識も必要がない誰でもできる仕事です。

 

なので、現状を一言で表すと『何も持っていない』状態なんですね。

 

何も持っていない状態で公務員を辞めるのはかなりリスクが大きいので、公務員を辞めた後どうするか、ざっくりでいいので見通しを立てておくことをおすすめします。



ちなみにぼくは、公務員を辞めたらブログで稼げるようになることを目標としました。

 

なので、公務員として働いているうちにブログを開設し、ブログの書き方などを勉強していましたね。

 

余裕があれば、転職サイトを見てみるのもあり



公務員を辞める前にある程度、将来の見通しを立てておくことをおすすめしました。

 

ただし、公務員を辞めた後すぐ次の仕事につく必要はありません。

 

退職金が出ますから、どこか旅行に行ったりおいしいものを食べてリフレッシュするといいでしょう。

ぼくは2年勤めて、退職金は20万円ほどでした。

 

のんびり過ごした後、転職活動をするというプランもいいかもしれませんね。

 

もし余裕があれば、公務員であるうちに転職サイトをのぞいてみるのも良さそうです。

 

ミイダスで自分の市場価値を測ってみるのもおもしろいですね。

 

ちなみにぼくは、公務員を辞めたらフリーランスになりブログを書くことを決めていました。

 

フリーランスになるもよし、民間企業に転職するもよし。

 

自分の心が楽になる道を選びましょう。

 

最後に、ぼくが公務員を辞める前にやったことや、辞めるときの流れも参考までにご紹介します。

 

ぼくが公務員を辞める前にやったこと

公務員を辞める前にやったこと【貯金は必須】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。今日から令和ですね。 公務員を退職してから早1か月が経ちました。 ...

 

公務員を辞めるときの流れや手続き

公務員を退職するときの流れ【ぼくは2年で公務員を退職しました】 どうも、元公務員ブロガーのロコです。 2年勤めた地方公務員を退職し、今はフリーランスとして生活しています。 ...

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

公務員ランキング

ABOUT ME
ロコ
元公務員のロコです。公務員関係のほか、スポーツやおすすめ動画、生活に役立ちそうなことをなどを書いています。