公務員の節約

公務員もできる資産運用【おすすめはほったらかしOKなウェルスナビ】

公務員もできる資産運用

 

2019年5月、トヨタ自動車社長の『終身雇用制度は限界を迎えている発言』が話題になりました。

 

どうせ民間企業の話でしょ?と油断することなかれ。

公務員も例外ではない

 

近い将来、公務員の未来が激変すると予想されており公務員の安定神話は崩れようとしています。

 

そこで、どのような未来になろうとも今のうちからできる対策をしておこうということで、公務員でもできる資産運用についてまとめました。

 

今回ご紹介するのは、ぼくが公務員として働いていたとき実際に行っていた資産運用です。

  • 公務員の給料は少ない
  • 副業はできないけど、なんとかしてお金を増やしたい
  • あまり手間をかけずに資産運用をやりたい

 

上記のように考えている公務員の方必見の内容です。

\ロボアドバイザー運用者数No.1/

・入金した後はほったらかしでOK!
・10万円から始められます

公務員もできる資産運用

公務員でもできる資産運用

 

投資信託や株、FXなどの資産運用は、公務員の副業規定に該当しないため、堂々と行うことができます。

 

ぼくが公務員時代に行っていた資産運用は次の2つ。

  1. ウェルスナビ
  2. 積立NISA

 

①ウェルスナビ、②積立NISAの順で始めました。

 

この2つはどういう特徴を持つのか、なぜぼくがウェルスナビと積立NISAを始めたのかという理由も一緒に解説していきます。

 

ウェルスナビ

 

ウェルスナビ公務員もできる資産運用は公務員1年めの2018年2月からスタートしました。

 

初めて投資をするには、ほったらかし運用が可能なロボアドバイザーがおすすめということで、元銀行員ブロガーの亮平さん(@ryoheifree)がご紹介していたウェルスナビを始めました。

 

ウェルスナビは、一度入金してしまえばあとは自動的に運用してくれます。

 

したがって、公務員になり1年めでてんやわんやしていた時期でも資産運用を始めることができたのです。

\ロボアドバイザー運用者数No.1/

・入金した後はほったらかしでOK!
・10万円から始められます

 

ウェルスナビを始めた理由

なんとなくお金を運用した方がいいなと思ったからです。

ロコ
ロコ
ほったらかしでOKというところに魅力を感じたよ!

 

運用するにしても何をどうやって始めたらいいか分からないとき、亮平さん(@ryoheifree)の記事に出会ったんです。

 

最初は、「入金するだけで自動的にお金が増えるのか。便利だな。」くらいにしか思っていませんでした。

 

ウェルスナビは、資料請求して必要事項を記入して返送して…というめんどくさい手続きが不要で、ネットですぐに始められます。

 

入金もネットでできるので、わざわざ銀行に行ったりATMで手続きをしたりする必要はなく、忙しい公務員でも簡単に始められるんですよ。

 

ウェルスナビをもっと詳しく知りたい

元銀行員ブロガーの亮平さん(@ryoheifree)の記事が究極に分かりやすいので、リンクを貼ります。

>>【徹底比較】おすすめのロボアドバイザーを元銀行員が解説!

>>【超入門】ロボアドバイザーとは?元銀行員が特徴やメリット、始め方を徹底解説!

>>【元銀行員が解説】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判・メリット・デメリット|運用実績も公開!

\ロボアドバイザー運用者数No.1/

・入金した後はほったらかしでOK!
・10万円から始められます

 

積立NISA

SBI証券

 

積立NISAは公務員2年めの2018年9月からスタートしました。

 

NISA(小額投資非課税制度)は、投資で得た利益に税金がかからない制度のこと。

 

通常、株などの金融商品を購入し利益がでると、利益のうち20%に課税されます。

1万円の利益がでた場合:2,000円が税金として差し引かれ、手元に残るのは8,000円となる。

 

NISAを利用して金融商品を購入すると、20%の課税がなくなるというわけです。

 

NISA自体は金融商品ではなく、商品を入れる箱と考えるといいそうですよ。

参考:【超初心者向け】NISAとは?メリットやデメリット、おすすめの始め方まで網羅!

 

NISAを利用して投資商品を購入する場合、一般的NISAと積立NISAの2つから選ぶことができます。

※ジュニアNISAもありますが、対象年齢は19歳まで。

一年間の
金額上限
非課税期間
一般的NISA120万円5年
積立NISA40万円20年

 

ぼくは、非課税期間が20年と長く、長期的な運用に向いているので積立NISAを選びました。

\ネット証券No.1口座数/

・業界屈指の格安手数料!
・多くの人に選ばれています。

 

積立NISAを始めた理由

自分で投資商品を買ってみたいと思ったからです。

 

ウェルスナビは、一度入金すればあとは自動で運用してくれますので、非常に楽です。

 

ただ、ウェルスナビだけだと資産運用をしている感じがしなかったので、実際に自分で投資商品を買ってみようと思い、積立NISAを始めました。

 

積立NISAは、一年間の上限金額が少ない分、非課税期間が20年と長いですよね。

 

がっつり投資に回せるほどお金に余裕があったわけではないので、小額から始められて長い期間運用できる積立NISAを選んだのです。

\ネット証券No.1口座数/

・業界屈指の格安手数料!
・多くの人に選ばれています。

 

おすすめの資産運用ブログやサイト

おすすめの資産運用系ブログやサイト

 

ぼくが公務員時代から参考にしている資産運用のブログやYoutubeをご紹介します。

 

資産運用の情報を発信している人はたくさんいらっしゃるので、投資を始めるハードルがぐっと下がった気がします。

 

投資の始め方や、用語の解説、おすすめの証券会社などものすごく丁寧に解説してくれているので、忙しい公務員でも投資を始めやすいですよ。

 

おすすめ資産運用サイト

 

資産運用を学ぶならば、元銀行員ブロガーの亮平さん(@ryoheifree)が運営しているBank Academyがおすすめです。

 

投資初心者向けに、ロボアドバイザーや積立NISAなどを優しく解説してくれるブログですよ。

 

お金のことを学ぶならば、両さん(@freelife_blog)が運営しているリベラルアーツ大学(Youtube)がおすすめです。

 

お金の流れや仕組み、節税方法やお得な情報を解説してくれます。



公務員もできる資産運用【おすすめはほったらかしOKなウェルスナビ】|まとめ

この記事では、公務員もできる資産運用【おすすめはほったらかしOKなウェルスナビ】について書きました。

 

ウェルスナビも積立NISAも、正直よく分からないまま始めました。

 

とりあえず始めてみた感じです。

給料のすべてを投資に回すわけではないので、あまり難しく考えなかった

 

公務員の未来は激変すると言われても、いまいちピンとこないと思います。

 

しかし、公務員の終身雇用制度が崩壊する未来は避けられそうにありません。

 

決して明るくない公務員の未来に備えて、今から資産運用を始めてみませんか?

 

あなたの周りにいる賢い同僚は、もう始めていますよ。

\ロボアドバイザー運用者数No.1/

・入金した後はほったらかしでOK!
・10万円から始められます

 

薄給の公務員ができること

固定費を見直して支出を減らす
【効果絶大】薄給と嘆く20代公務員にアドバイス。固定費を見直して大幅節約! 元公務員のロコ(@loco_14free)です。 この記事では、節約したい20代の公務員に向けて書いていきます。 ...

 

公務員でもできる節税方法まとめ

公務員でもできる節税方法まとめ
【20代後半必見】公務員でも簡単にできる3つの節税方法 この記事では、公務員でもできる3つの節税方法をご紹介します。 公務員の未来が激変すると予想され、ま...

 

\この記事を書いた人/

ロコログ

 

この記事がおもしろい!

と思ったらフォローしよう!!