ブログ運営

【経験談】ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像を作らない方がいい理由

ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像を作らない方がいい理由

 

  • ブログ初心者
  • アイキャッチ画像の重要性は?
  • アイキャッチ画像に文字を入れるべきかどうか

 

アイキャッチ画像は、自分が書いた記事に読者の目を引きつけるために必要です。

 

記事の顔といっても過言ではありません。

 

オリジナルイラストやフリー素材、文字だけのアイキャッチ画像などさまざまなパターンがありますが、ぼくはブログ初心者の方が文字だけのアイキャッチ画像を作ることはおすすめしません。

 

ぼくもブログを始めた頃は、ブログのテーマカラーに合わせた配色でアイキャッチ画像を作成していました。

ロコログのアイキャッチ画像

 

ところが、ブログを始めて6か月が経過したころからある問題が発生したんです…。

 

ということで、当ブログに何が起こったのか、なぜ文字だけのアイキャッチ画像をおすすめしないのか、ぼくの経験をもとに解説していきます。

 

ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像を作らない方がいい理由

 

記事の内容に合わせたアイキャッチ画像を設定することが必須ですが、タイトルをそのままアイキャッチ画像にするなど、文字だけのアイキャッチ画像はおすすめしません。

 

その理由は2つで、①後からリライトしたときにタイトルが変わるから②アドセンスの関連広告の表示が崩れるから

アイキャッチ画像の文字とタイトルも読まなきゃいけないとなると、読者が大変ですよね。

 

アイキャッチ画像はそれぞれの記事の顔。アイキャッチ画像でいかに読者の目を引き、記事を読んでもらうかがポイントです。

ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像をおすすめしない

 

(いらすとやを無加工で使っていることは置いといて)文字だけのアイキャッチ画像より、だいぶ分かりやすくないですか??

 

文字だけのアイキャッチ画像にすべきでない2つの理由を、具体的に解説していきます。



後からリライトしたときにタイトルが変わるから

ブログは一度記事を公開したら完成ではなく、後からリライトが必須になりますよね。

 

検索需要に合わせてリライトしたとき、タイトルが変わることってよくあるんですよ。

 

したがって、記事のタイトルがアイキャッチ画像に入っていれば、リライトに併せてアイキャッチ画像も変える必要があります。

リライトしてタイトルが変わる度にアイキャッチ画像も変えていたのでは、時間の無駄ですよね。

 

ぼく自身、文字だけのアイキャッチ画像を作っていたのでリライトするときはかなり大変な思いをしました。

ロコ
ロコ
二度手間だよ…。

 

特にブログ初心者のうちは、何度もタイトルが変わることがあるので、文字だけのアイキャッチ画像を作るのはおすすめしません。

 

アドセンスの関連コンテンツの表示が見切れるから

Googleアドセンスを利用している方で、しばらくすると関連コンテンツというものが解放されます。

ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像をおすすめしない

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。

引用:Adsenseヘルプ

 

あなたが書いている記事の内容に合った広告が自動で表示されるようになります。

 

また、当該記事と関連性の深い記事も、関連コンテンツの枠内に表示されるんですよ。

ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像をおすすめしない

 

上の画像は、当ブログのラグビワールドカップに関する記事です。

 

該当ページの関連コンテンツに、ぼくが書いたラグビワールドカップ関連の記事も一緒に表示されているのですが、アイキャッチ画像の文字が見切れているのがお分かりでしょうか。

ロコ
ロコ
アイキャッチ画像の文字が見えない…。

 

関連コンテンツのレイアウトは、コードを追加することで自分好みに設定することができるので、レイアウトをいじれば、文字が見切れずうまく表示されるかもしれません。

レスポンシブ対応の関連コンテンツユニットをカスタマイズする方法(Adsenseヘルプ)

 

しかし、ぼくもまだまだブログ初心者。コードを自分でカスタムするのは難しいですし、いじって変なことになったら最悪。何より優先順位は記事を書くことが最優先です。

 

したがって、ブログ初心者のうちは記事を書くことに集中するためにも、文字だけのアイキャッチ画像はおすすめしません。



アイキャッチ画像を作るときのおすすめツール

ぼくが使っているアイキャッチ画像を作成するおすすめのツールをご紹介します。

Canva(キャンバ)

アイキャッチ画像を作るならキャンバ

画像出典:Canvaトップページ

 

画像の加工やイラストの作成ができるCanva。ベースとなるデザインをもとに、人とは被らないオリジナルのアイキャッチ画像を作ることができます。

※Canvaの詳しい使い方は後日ご紹介します。

 

O-DAN(オーダン)

フリー素材を一括検索できるオーダン

画像出典:O-DANトップページ

 

O-DAN(オーダン)は、PixabayやUnsplashなど、フリー画像を一括で検索できるサイトです。

 

たとえば『ブログ』と検索すると、けっこうな数のフリー画像がヒットします。

フリー画像を一括検索できるオーダン

 

アイキャッチ画像サイズチェッカー

サルワカのアイキャッチ画像サイズチェッカー

画像出典:アイキャッチ画像サイズチェッカー

 

サルワカくん(@saruwakakun)が作成した、アイキャッチ画像のサイズをチェックできるツールです。

 

あなたが作成したアイキャッチ画像が、ワードプレスやはてなブログ、ツイッターなどのサムネイルでどう表示されるのか確認できます。

 

画像+文字というアイキャッチ画像を作った場合、文字がサムネからはみ出ないか、ということもチェックできる優れものですよ。

 

アイキャッチ画像に関するおすすめ記事の紹介

まずはアイキャッチ画像全般の疑問を解決してくれる、クロネ(@kuroneblog)さんの記事です。

クロネのブログ講座

アイキャッチ画像は本当にブログに必要?よくある質問と回答

 

続いて、お洒落なアイキャッチ画像の作り方やデザインのコツを教えてくれるサルワカくん(@saruwakakun)の記事です。

サルワカ

おしゃれなアイキャッチ画像の作り方&デザインのコツ8つ

 

とりあえずこの2つの記事を読めば、アイキャッチ画像はマスターしたも同然ですね。



まとめ

この記事では、ブログ初心者は文字だけのアイキャッチ画像を作らない方がいい理由について書きました。

 

アイキャッチ画像はあなたが書いた記事の顔で、記事タイトルと同じくらい重要です。

 

文字だけではなく、記事の内容に合っており、かつ他の人とかぶらないアイキャッチ画像を作りたいですね。