旅・お出かけ

【旅行記】2泊3日冬の金沢旅行

【旅行記】2泊3日冬の金沢旅行

冬の金沢、最高。

 

今回の旅行を一言で表しました。

 

どうも、旅行好きのロコ(@loco_14free)です。

 

2019年2月9日から2月11日、2泊3日で金沢へ旅行に行ったので、この記事にまとめます。

 

これから初めて金沢旅行へ行かれる方、山形から金沢へ行かれる方のご参考にもなればなと思います。

 

金沢旅行へ行くことになった経緯

今回の金沢旅行は彼女といっしょに行きました!

 

彼女
彼女
3連休どっか行きたいね!
ロコ
ロコ
お互い行ったことないとこにしよう!
彼女
彼女
じゃあ金沢!

 

こんな感じでとんとん拍子に話が進み、金沢旅行が決まりました。

 

1日め:山形から金沢へ

金沢駅に到着

冬の金沢旅行

 

新幹線に乗り、8時ころ山形を出発。

 

東京で乗り継ぎ、14時ころ金沢に到着しました。

ロコ
ロコ
圧巻の金沢駅!

 

宿泊先に荷物を預け、街をぶらぶら

今回宿泊したホテルはABホテル金沢

 

金沢駅の西口からでてすぐのところにあります。

 

駅近で立地がよくコスパ最高なホテルでした。

ロコ
ロコ
2泊朝食付きで、2人で24,000円だったよ!

 

東茶屋街を散策

ホテルに荷物を預け、まず向かったのは東茶屋街

 

金沢駅から歩いて20分ほどのところに位置しています。

 

茶屋街という名前のとおり、この一帯だけ周りと違ったレトロな雰囲気を漂わせていましたよ。

冬の金沢旅行 冬の金沢旅行
彼女
彼女
趣があって素敵だね!

 

一通り散策したあとは、東茶屋街でティータイム。

 

あんみつカフェラテをいただきました。

冬の金沢旅行

 

夕食は回転寿司

夕食は、宿泊先のABホテル金沢からすぐのところにある『金沢回転寿司輝らり』で寿司を食べました。

 

(下の地図には表示されていませんが、今回宿泊したABホテル金沢は、地図上のローソンがあるところです。)

 

まずいただいたのはつぶ貝、カニ、ウニ+イクラの軍艦、のどぐろ、トロという豪華ラインナップの金沢5種盛り

 

コリコリとした食べごたえのあるつぶ貝、プリプリのカニの身、ウニとイクラのコラボレーション、生まれて初めて食べたのどぐろ、そして安定のトロ。

ロコ
ロコ
うますぎる!!

 

続いて、小さい器に盛られたかわいいお寿司。

 

サーモン、とびっこ、甘えびがのった贅沢な一品です。

冬の金沢旅行

 

何皿かお寿司を食べたあと、締めに注文したのは金沢おでん

冬の金沢旅行

 

石川県はおでん屋さんの軒数が全国1位だそうですね。

 

言われてみれば、金沢の街を散策しているときも、いたるところでおでん屋さんを見かけましたよ。

 

さて、金沢おでんの気になるお味はというと。

 

見た目的に薄味かな?と思ったのですが、中まで味がしっっっかりしみ込んでいておいしかったです。

 

大根ととろろ昆布の相性もばつぐん。大きな麩は食べごたえがありました。

 

いや~。金沢おでんうまいですね。

 

<1日目まとめ>

・山形から金沢へ大移動

・東茶屋街を散策

・金沢の寿司と金沢おでんが絶品すぎる

 

2日め、金沢を満喫~

冬の金沢旅行

1日めとは打って変わって、2日めの金沢は大雪でした。

 

山形並みに降りましたよ…。

 

雪景色の金沢城、兼六園へ

最初に向かったのは金沢城

 

雪化粧した金沢城は圧巻でしたよ。

冬の金沢旅行

 

続いて兼六園へ。

 

木々が池に反射して映っているこの写真、お気に入りの一枚なんです。

冬の金沢旅行

 

重たい雪で枝が折れるのを防ぐための雪吊りが有名だそうです。

 

山形では雪囲いと呼びますが、ここまで大掛かりなものは見たことないですね。

冬の金沢旅行

 

冬の金沢旅行 冬の金沢旅行

 

お昼は近江市場で海鮮丼

近江市場は、兼六園から歩いて15分ほど。

 

海鮮丼をいただきました。

冬の金沢旅行

 

みてくださいこの海鮮丼

 

ネタの輝きと金箔のワンポイントアクセント。

彼女
彼女
金沢の海鮮ほんとにおいしい!

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、海鮮丼のほかに、加賀野菜の天ぷら盛り合わせ白えびの唐揚げも注文。

ロコ
ロコ
うますぎて箸が止まらない!

 

西茶屋街を散策

海鮮丼に舌鼓したつづみを打ったあとは、西茶屋街へ。

 

近江市場から歩いて25分ほどです。

 

この頃には雪もやんで、散策しやすかったですよ。

冬の金沢旅行

 

ガトーショコラ抹茶ミルクでティータイムです。

冬の金沢旅行

 

夕食は金沢駅でラーメン

金沢駅内にある「らうめん侍 金沢百番街店」で甘えび香味ラーメンをいただきました。

冬の金沢旅行

 

博多ラーメンのような細麺に、甘えびの濃厚スープがからんでガツンとうまい一品でしたよ。

 

<2日目まとめ>

・大雪

・雪化粧した金沢城と兼六園が神秘的な美しさ

・近江市場で海鮮丼

・西茶屋街を散策

・金沢はラーメンもうまい

 

3日め、金沢を食べつくす~

金沢旅行最終日の3日め。

 

最後まで金沢のおいしいものを食べつくしましたよ。

 

3-1 まずは物産館でお土産を購入

兼六園のすぐ近くにある石川県観光物産館でお土産を購入。

 

海産物や甘味など、バリエーション豊富なお土産がずらり。

 

写真はないんですけど、ご飯のお供やお酒のおつまみに最適なホタルイカの佃煮を購入しました。

 

お昼は念願のハントンライス

近江市場の向かい側にある、めいてつ・エムザの地下「勝乃屋」でハントンライスをいただきました。

 

ハントンライスって?

ケチャップで味付けしたバターライスの上に、半熟の薄焼き卵と魚のフライをのせ、タルタルソースをかけた洋食。

石川県民の熱愛グルメ。

 

今回いただいたのは、カキフライハントンライス

冬の金沢旅行

 

<3日目まとめ>

・観光物産館でお土産

・念願のハントンライス

 

移動はすべて徒歩!

今回の金沢旅行で訪れた観光ポイントです。

冬の金沢旅行

 

金沢駅を拠点にしたとき、各ポイントへの徒歩での移動時間はだいたい次のとおり。

・東茶屋街:25~30分

・西茶屋街:30~35分

・金沢城、兼六園:20~25分

・近江市場:10~15分

 

※金沢城~兼六園は広いので、端から端まで15分ほどかかります。

 

金沢は親切な街

金沢駅の東口で撮影したものです。

冬の金沢旅行

 

金沢駅から各ポイントへの距離は、

・東茶屋街:1.7km

・金沢城、兼六園:1.6km

・近江市場:800m

 

金沢には、こういった案内が街のいたるところにあるんですよ。

 

近江市場や東西茶屋街、金沢城、兼六園の近くでもみかけました。

 

これがあると、わざわざマップを開かなくとも、目的地までのおおよその時間がわかるので便利ですよね。

 

金沢は観光者に優しい街だなあと感じました。



金沢旅行の総額費用

2人分の費用です。

総額:約15万円

・新幹線代:約10万円

・ホテル代:約2万4千円

・食費:約2万5千円

 

移動をケチるのは精神衛生上よくない、というのが彼女と僕の統一見解なので、新幹線はしっかり指定席を確保。

 

移動費は高くつきましたが、宿泊代はかなり抑えられました。

 

ABホテル金沢は最高ですね。

 

【旅行記】2泊3日冬の金沢旅行

冬の金沢、最高。

 

今回の旅行を一言でまとめました。

 

寿司やハントンライスなどの金沢絶品グルメ

 

駅を拠点に観光スポットへ歩いて行けるお手軽さ

 

雪化粧した金沢城や兼六園の絶景

 

これらを一度に味わえる冬の金沢旅行はほんとに最高でしたよ。

 

冬の旅行は金沢で決まりですね。